新着Pick
188Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
マイナス金利に加えて現金の取り扱いは人件費以外にも保険や輸送費もかかっているので扱うだけで大赤字業務です。
リテール業務については極力、資産運用や住宅ローンに限定したいのが本音かと思います。
新政権の下ではハンコを始め効率化のモメンタムがあるのでいっきに進めて欲しいと思います。
りそなによる店舗改革で多機能ATMをテラー脇において後方事務をなくすという画期的変革が行われました。
三井住友の動きは、これをさらに先鋭化させ、テラーすらも立たせなくするというもの。望ましい動きだと思います。
銀行窓口のテラーという職種がなくなっていくのですね。

テラーに代わって、高い手数料の商品を言葉巧みに売り込む営業部員が配置される(笑)

資産運用の相談を銀行や証券会社にするのは、赤ずきんちゃんが狼に人生相談をするのと同じ(^o^)
銀行の窓口の機能はここ20年ほどの間に急激に必要性が薄れています。ATMによる現金レスどころかもはやキャッシュレスによってATMすら使う機会が減っています。
私もここ10年ぐらいでATMを利用したのも2~3回だし、窓口に行ったのはカードの再発行で行った1回だけです。
現金レスは自然な流れですし、必要な事務仕事をオンラインで共通化してしまえばそもそも窓口自体が不要になってくるはずです。

今後銀行という仕事はシステムによるプロセッシング業務が主体になり(今も実態はその領域に入っていますが)、銀行員の仕事は窓口業務やディーリングが本業ではなく、一部のホールセールが残るもののシステム開発と維持が本業になる時代も来ていると思います。
コロナによって、人間がやらなければなければならない業務とそうでない業務が改めて浮き彫りになり、行政や銀行など、これまでデジタルに踏み切れなかった業界でさえ一気にここへの対応が進み出しました。

足元航空業界はじめ、大きな固定費を持つ企業が業績に苦しむ中、それらをカットする企業や別の活用方法を模索するニュースを目にするようになりました。

しかし固定費の中でも「人」を【費用】ととらえてカットするのか、【資源】と捉えて活かし方を変えるのか。

経営者によってスタンスは変わりますが、「事業は人」というほど全ての起点になるので、これを契機とできるか危機となるのか、経営者の手腕が問われますね。
効率化のために「そうせざるをえない」という判断だと思う。
しかし、こういう「アナログからのちょっとずつの退却」が
成功するかは微妙だと思う。

現金はATMでしか処理してもらえないなら、
そして通帳がないなら、
ネットバンク+コンビニATMで十分と
個人客は考えるようになるのでは?

「行員は資産運用の相談などコンサルティング業務に重点をうつす。」
今の外部環境を大義名分としつつ、如何に今までやりたくとも変化に対する反発多くやりきれなかった事をどんどん推し進めていく大切さを感じます。
「行員は資産運用の相談などコンサルティング業務に重点をうつす。」

実際に稼働するのでしょうか?
①資産運用に回せる資金を持つ人が実際にどれだけいるか?
②資産運用するとして、銀行が手数料を取れるような運用手段を使う人はどれだけいるか?
③手数料を支払うだけの資産運用をする人がメガバンクの普通の支店で相談をするだろうか?
銀行に入ったときにもらう研修資料で、窓口で現金を渡すためにカウンターに置いているときに、盗難にあったらそれは誰の責任なのかみたいなケースがあったけど、もうそういうのもなくなるんだな。
確か口座に入金するまでは顧客のものであるので銀行に少なくとも法的な責任はないみたいな話だった気がする…
400店舗中、300店舗現金レスということは、100店舗はまだ2023年も現金対応し続けるんですね。

高齢者向けのATMリテラシーを高めるような対応、現金対応手数料大幅増を合わせて行い、なるはやで現金対応を止めたいですね。
株式会社三井住友銀行(みついすみともぎんこう、英語表記:Sumitomo Mitsui Banking Corporation 略称:SMBC)は、大阪本店を大阪市中央区北浜四丁目6番5号に置き、東京本店を東京都千代田区丸の内一丁目1番2号に置く、三井住友フィナンシャルグループ傘下の都市銀行。3大メガバンクの一角を占める。 ウィキペディア

業績