新着Pick

ANA、トヨタに社員出向受け入れ要請へ…22年度までに3500人削減

読売新聞
全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(HD)が27日に発表する事業構造改革案の全容が判明した。トヨタ自動車を含む数社に社員出向の受け入れを要請し、一時的な人員圧縮を図るほか、採用凍結などで2022年度
935Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
3-4月以降の様子を見ていて、インタビューやNewspicksのコメントでも「急激に景気が悪くなり雇用を減らさざるを得ない業界と人が足りなくなる業界が出てくる状況になるので、業界を跨いで人の雇用を柔軟に融通できる仕組みが必要になるのではとコメントしてきました。最適解かわかりませんが、少なくとも大企業が果たす社会的な役割という面もあると思います。
ANA社員の皆さんの接客力の高さは魅力ですね。クルマ販売業界も生きたお手本を得られるチャンスです。生産ラインへの受け入れは難しいでしょうから、事務系や販売現場だと受け入れやすいと思います。「お客さん」ではなく」即戦力」として期待できるのではないでしょうか。機体整備と車体整備は似て非なるもののようにも見えるし。
こういう時こそお互いに助け合いでいいと思います。これぞ日本式。日本の良さにしか日本の活路はない!
トヨタなど大企業ではなく、スタートアップにこそ人を動かしてほしいです。年齢関係なく意欲ある方でないと、採用されないとは思いますが、それはトヨタでも本来同じはずで、ぶら下がり社員をそのままトヨタが受け入れるような施策ならトヨタの株主は反対すべきでしょう。
初めてのことなのだから上手くいくか分からない。だけどチャレンジを応援したいし、それに応じられる社員の方やトヨタなど他社に敬意を。
新しい環境に出向する、向かい入れるのは、景況感も厳しい中でとても難しい。そしてこういう取り組みは良い意味で日本的だと思う。国・文化が違うのだからやってみればいいと思うし、それでダメだったら次のことを考えて見ればいい。
企業は社会あって存在するもの。それを盾に経営が長期にわたって怠惰になることは社会にとっての損失。一方で苦しいときに社会全体のメリットを重視することは、個人的にはアリだと思う。各企業の意思決定の優先順位はそれぞれ異なってもよいし、そういう価値観の多様性も社会を持続性あるものにしていくと思う。
コロナ禍の現状で、自動車産業も苦しいです。

そう簡単に受け入れる余地があるとは思えません。

おそらく、国交省が裏で動いているのでしょう。
「半沢直樹」のファンが国交省にいたりして(笑)
トヨタについては「出向」だと給与はANA持ちですから、いずれは転籍も視野に入れているんでしょうか。

自動車業界もCASEへの移行により、欧米メーカーでは生産現場のリストラが始まっています。エンジニアについてもガソリンエンジンの領域の方々をどう処遇するかという話も出てくるはずです。どのような人材に出向してもらうのかも大きな問題ですね。
特にトヨタの場合は勤務地の多くが愛知県になりますから、それが障害になる方もいるかもしれません。

いずれにしてもコロナと言う天災に直撃された方々への同情を禁じられません。
3500人削減するからといって、トヨタに3500人そのまま出向させるわけではありませんから、出向はせいぜい数百人規模ではないかと思います。それでも大手企業同士の出向人事としては異例の規模ですね。
無理やりシナジー効果を考えてみると、ANAはドローン事業に興味をもっています。トヨタもそれは同様で、ドローンを中心としたパーソナル・モビリティの領域には未来を感じています。その点において、トヨタが機体開発を中心に、またANAがドローンの運用を中心にそれぞれ役割を果たすことはできるかと思いますので、単にANAで余剰となった人員を受け入れる以上の意味は見いだせるのではないでしょうか。

MRJの開発凍結が報じられ、日本の航空機製造業には暗いニュースが続きますが、ドローン事業であればまだ参入余地が大いに残っていると思います。競争も激しい部分ではありますが、ここで一山当てられればドローンを中心とした新たな産業を作れるように思います。
基本的なことですが、出向だと、給与は出向元のANA持ちですよね…それで財務的に効果はあるのでしょうか?

加えて、スキルセットのマッチングにも大きな課題があるように感じます。

どちらも、当たり前のことなので、関係者の方々は協議されているとは思いますが…

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
今年の2月に中国の高速鉄道の乗務員が一時その他の企業に出かけて仕事したことがあった。
特別の時期にANAは積極的に他社に社員を派遣して仕事を持たせるべき。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
23.4 兆円

業績

ANAホールディングス株式会社(エイエヌエイホールディングス、英語: ANA HOLDINGS INC.、略称: ANAHD)は、東京都港区に所在する日本の会社で、航空輸送事業を主力とするANAグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
8,665 億円

業績