新着Pick
96Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
時価総額がせいぜい70億円の企業が、100億円も増資するとはとんでもない!というような論調が多いですが、2020年度の第一四半期の決算で40億円近い赤字となったことが理由です。四半期で40億円では、単純に通期で160億円の資本金がなくなることを意味します。スターフライヤーの2019年度末の資本金はおよそ70億円ですので、2020年度末を資本超過で乗り切るには新たに100億円の真水が必要だという経営判断でしょう。

では実際に100億円集まるかというのは、アフターコロナの成長戦略にかかっているように思いますが、現在は国内線主体、国際線は台湾をかじっている程度、というのでは、資本家に夢を見させるのは厳しいかもしれません。
手っ取り早くは、ANAとの業務提携のさらなる深化、ANAからの路線網の一部移管やそれに伴うマイレージ事業の提携による顧客層の獲得というところが挙げられますが、問題はそのANAに出資余力がないことにあるのかもしれません。ANAが出資できるようになるまで、別の一時的な株主を見つけることになるのかもしれません。

LCCの逆張り路線を行くような航空会社ですが、台湾にもスターラックス航空という、LCCとは真逆を行く航空会社があります。これはこれで面白いビジネスモデルと思いますので、なんとか生き残りを模索してほしいところです。
スターフライヤーが100億円規模の資本増強を計画しているとの報道。
日経の報道では「投資ファンドのアドバンテッジパートナーズ(東京・港)グループや地元企業などに、証券会社を通じて第三者割当増資の引き受けを打診している」とのこと
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65429550U0A021C2EA5000/
一旦法的整理ですかね、、
それでも厳しい気が。
増資にしても融資にしても、リスクに対するリターンが相当高くないと応じる投資家や銀行は無いですよね、普通は。
スターフライヤーはいつか乗ってみたい航空会社!
なかなか世論の見方は厳しい模様…。
株式会社スターフライヤー(英語: Star Flyer Inc.)は、福岡県北九州市小倉南区の北九州空港に本拠を置く、日本の航空会社である。 ウィキペディア
時価総額
63.8 億円

業績

ANAホールディングス株式会社(エイエヌエイホールディングス、英語: ANA HOLDINGS INC.、略称: ANAHD)は、東京都港区に所在する日本の会社で、航空輸送事業を主力とするANAグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
8,674 億円

業績