新着Pick
322Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まあ、空っぽのカートリッジを回収しインクだけ詰めて再販するというやり方はセコい、許せないというキャノンの感情はわかります。

だったらキャノン自身が回収、リサイクルしたらいいのにという話にもなり得ます。

ハードを安く売ってもインクを高く売ることでサブスク的に儲かるというビジネスモデルは羨望の的だったわけですが、こういうモデルは実はあちこちに見られます。

身近なところだとネスプレッソですよね。エスプレッソマシンを比較的安価で売って、コーヒーのカプセルを高く売ることでがっぽり儲けるモデルがそう。

私もネスプレッソが美味しいしラクだし好きなんですが、消費者の立場からは日本だとカプセルがもうちょい安いといいのになぁと思うのも確か。

ヨーロッパへ行くと、スーパーやコンビニでネスプレッソと互換性のあるおびただしい種類の格安コンパティブルカプセルが販売されています。なので、私はヨーロッパへ行くたびに大量のコンパティブルカプセルを買ってきます。

行くたびにいいなあ安くて!と思うんですが、ヨーロッパではネスプレッソがマシンの仕様を完全にオープンにして正式に互換性のあるカプセルの販売を認めています。

私のトライアスロン仲間のベルギー人はコンパティブルカプセルのビジネスを創業して大成功。富豪になって寒いベルギーから1年を通して温暖な南仏に移住しました。

彼を見ていると、いやいやビジネスっておもしろいなぁと思います。
2015年にも、レーザープリンター用のトナー容器にICチップをつけ、再生品を使用できないようにしたキヤノンに対して、再生業者が公正取引委員会に申し立てたことがありました。この時には一定の操作をすれば再生品が使用できたために排除命令は出されませんでしたが、「合理的な理由がないのにICチップに記録される情報を暗号化したり、その書き換えを困難にしてカートリッジを再生利用できないようにすること」については、独禁法上の問題となるおそれがあるとされていました。

独禁法はさておき、わたくしは環境の視点からコメントします。

現在日本では、ブラザー、キヤノン、エプソン、日本HPの4社が協力して家庭用インクジェットプリンターの使用済みカートリッジを共同で回収していますが、これは再生材としてのリサイクルがメインで、リユースが目的ではありません。しかしリサイクルよりも、やはりリユースのほうが一般的には環境負荷は少なくなると考えられます。

世の中の潮流として、使い捨てを前提とするビジネスに対する印象は悪化しています。欧米では電気電子機器などに対して「修理する権利」が叫ばれ、メーカーは簡単に修理してまた使えるようにする製品設計が求められています。今後、再生に向かない消耗品に対しては厳しい視線が増すと思いますし、今回キャノンが勝って再生品が流通できなくなるような事態となれば、声を挙げる人も出てくると考えられます。

他の業界では、サーキュラーエコノミーやSDGsへの配慮から、メーカー自身が積極的にリユース事業に乗り出すケースが増えてきています。メーカーはデポジットスキームや下取りで回収率を高める仕掛けを実行しやすいところも強いです。

優れた技術をもつリユース事業者とメーカーが手を組んで回収再生活動を行ったり、再生事業者のカートリッジにメーカーが(何らかの対価を受けたうえで)認証を与えたりする仕組みは実現できないでしょうか。これまでは使い捨て前提で成り立っていたビジネスを、より循環可能な構造に転換できないかどうか、今一度考える機会なのかもしれません。
一方、エプソンは自ら大容量インクタンクプリンタをリリースし、破竹の勢い。

エプソンの大容量インクタンク搭載インクジェットプリンター 世界累積販売台数5000万台達成
- 消耗品によるCO2排出量を約16.6万トン削減 -
https://www.epson.jp/osirase/2020/201007.htm

エプソン"大容量プリンタ"がヒットしたワケ
https://toyokeizai.net/articles/-/63737
リサイクル品の市場がこれだけ大きくなると、本件は大きな問題に発展する可能性がありますね~。

メーカー側からすれば、プリンターをどのように製造しようが勝手で、純正品しか使えなくするのもメーカーの自由と主張するでしょう。

しかし、これだけ市場にリサイクル品が出回り、市場の拡大をメーカー側が放置しておいたのも事実。

市場が大きくなってから、いきなり「リサイクル品はアウト」とするのも業者や消費者に突然の不利益をもたらすことになります。

もうしばらく推移を見守りたいと思います。
興味深い訴訟。
皆様コメントされているように、プリンタはハードを安く売って消耗品で儲けるビジネス。ただ特に新興国だとこういうインクを再度詰めるなどがあり、エプソンが大容量タンクモデルを始めた。ハードの単価が2-3倍、だけどカートリッジはこれまでの容量単価と比較すると数分の一というもの。ユーザー視点では、機械は大きくなるが交換の手間は減るし、いっぱい印刷する場合のコストは減る。そして品質は保証されているし、純正部品との価格差が減ればそれゆえに非純正の需要は減る。そしてエプソンの成功を受け、キヤノンなども始めている。
最近の動向は知らないが、非純正品を使った時には、保証対象外になるなどがあると思う。キヤノンの言い分としては、純正品を使ってと書いているだろうし、保証対象外にならないような仕組み、という感じではないだろうか?インキにもいろいろな知見は詰まっているから、あながち間違っているとは思わない。ただ高いと感じるから非純正品への需要もあるわけで。
キヤノンは良くも悪くも伝統的に知財部が強い印象でこういう戦い方をするが、エプソンなどがユーザー本位でもっと攻めてきたときにどうするだろう?
これが、「競争者に対する取引妨害」に当たるなら、
マージン幅が広い売れる消耗品は、すべてサードパーティの参入を許容しないといけなんくなる?
本体を安く売って、消耗品で利益を得られるビジネスモデルは、サードパーティの品質向上により純正品の使用率が低くなる一方、現状維持が相当困難になっていると思います。
(消耗品の原価率は大凡10分の1以下)

メーカーはいろんな言い訳でサードパーティの参入を妨害しようとしています。

さあ、消耗品ビジネスにまだ幻想を持ち、成功体験から抜き出せないメーカーはいつまで持つのでしょう。
「空容器」の問題に対する社会の目は、キャノンに対して厳しいものと感じる。
業績悪化で、なりふり構っていられなくなってきたのでしょうか。本体を安く売ってトナーで儲けるビジネスモデルを変えないとイタチごっこですよね。
これだけリユース品が出回ると言うことはインクの価格について多くの消費者が不満に思っているということなので、(あと印刷品質にこだわる人がそれほど多くない)純正品の扱いを見直す時期なのかもしれませんね。検討はしているのだと思いますが。

サードパーティ商売は数ある中でも、プリンター関係は代表的なものなので、要・経過観察の話題。
(特集でやってくれませんか)


ところでEFマウントをいきなり暗号化したりしたらシグマやタムロン等は怒るんだろうかなどと想像しながら読みました。
まあレンズは頻繁に新調するようなものじゃないので全然事情が違うのですけどね。
キヤノン株式会社(読みはキャノン、英語: Canon Inc.)は、カメラ、ビデオをはじめとする映像機器、プリンタ、複写機をはじめとする事務機器、デジタルマルチメディア機器や半導体露光装置(ステッパー)などを製造する大手電気機器メーカー。 ウィキペディア
時価総額
3.64 兆円

業績