新着Pick
147Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
思想としてのナチズムと、その結果としてなされたユダヤ人などの虐殺が人類史におけるもっとも恥ずべき犯罪的な行為であることは議論の余地を待たないでしょう。
だからその指導者であるヒトラーを称賛する事自体が思想的な危険性を帯びているという指摘も一定の説得性があります。
ましてやそれを本稿に登場するようなドイツ史やポーランド史の学者が指摘し、糾弾するのも分からなくはありません。

しかし一方で本稿で指摘されている様な、単なる軍務官僚や一介の軍人である旧帝国陸海軍関係者の人間的なエピソードに「いいね」をしたからと言って、「戦争容認だ!」と大騒ぎするのはどうなのでしょうか?
メディアや政治学者にそのように指摘されると、どうもそこには何か別の思惑を感じてしまいます。

何でも戦争に絡めて普通の人間をも悪魔化しようとするメディアや政治学者の方が私にはよほど恐ろしく感じます。
もうね、呆れるんだけど、「戦争は絶対悪だ」という考え方の人間の方が、むしろ戦争を推し進めてきたんですよ。この世に絶対的なものなんてないのに「自分だけが正しい」と狂信する者がそれ以外を迫害する。それが戦争です。銃で撃ちあうだけが戦争じゃない。日本だって今も毎日どこがで「自分は正しい者同士の戦争」してるじゃない。
『「カッコいい」とは何か』でも書いたが、「ナチカル」自体は戦後、ずっと日本にあった。他方、「ヒトラーにも人の心はあった」というのは、たから何なんだ?という話で、どんな残酷な犯罪者にも、好ましい分人の一つや二つはある。ホロコーストで何があったか、という、そちらの方が正しく教えられてないのではないか。
そういえば、日本で織田信長を尊敬しているといっても「ふざけんな!あんな残虐なやつ」と言われることはないでしょうが、これってなんでなんですかね。歴史の授業でニュートラルに扱われている(残虐きわまりない人とは扱われない)からでしょうか。

古すぎるからかな。伊勢長島とか越前とか、一向一揆殲滅で何万人も死んだ地域出身の人でさえ、「先祖が信長に殺された」と思うには古すぎるか。
【国際】いわゆる「保守派」の人たちは、いわゆる「リベラル派」が展開する「空想的平和主義」に対して「平和ボケ」という言葉を使って批判することがよくあるけれども、彼らが過剰に脅威を煽り、強硬論を唱えることもまた「平和ボケ」である。
SNS関係ない気が、、
ゴドウィンの法則

「 インターネット上での議論が長引けば長引くほどヒトラーやナチが引き合いに出される確率は1に近づく 」

https://t.co/L5kCvS4Z4J

ちなみに歴史上最も多くの人間を殺したのは毛沢東で6000万人、2位はスターリンで2000万人といずれも共産党