新着Pick
74Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ユーザー目線での改革とは言えないのではないでしょうか?

JR東日本は、首都圏の通勤電車の利用客の料金で赤字路線を支えています。

満員電車で苦しむ人も、ガラガラの電車でのんびり乗っている人も同じ運賃体系というのは不条理です。

かくなる上は、JRの再分割が必要だと思います。

JR東首都圏とJR東在来線に分けてしまいましょう。

一見無謀に思えるかもしれませんが、JR北海道やJR四国はJR東在来線と同じ環境で経営努力をしています。

高い運賃を支払って満員電車で苦しみ、終電も早くなる。

これじゃあ、首都圏のユーザーは踏んだり蹴ったりです。
結局人口減にともなう経済構造の変化が、コロナ禍のために漸進的ではなくショックの形として現れたものだと思います。つまり種々のシミュレーションはある程度やっていたはずかと。
 運転の自動化を一気に進めることができるのかはわかりませんが、車両・線路等の保全の自動化・省人化、車両開発の効率化、JR貨物と連携した貨物輸送能力の向上、動力コストの極小化、低採算路線の合理化と非鉄道モビリティ事業の強化などなど、収入だけに止まらない大改革がでてくると大いに期待しています。
コストカットはもちろんやる前提ですが、その上でやはり運賃を上げるのが1番良い気はします。

企業に勤めている人はおそらく交通費は会社が出してくれるので、電車賃が高くなっても個人のお財布には影響がないと予想します。影響があるのは交通費を支給している企業側で、企業として交通費が大きなコストと感じれば企業のテレワーク推進もより進む可能性はある気はします。

一律運賃値上げでなくても時間や曜日や乗車率によって変えるダイナミックプライシングのような形でもいいのかなと思います。
値上げを目論むJR、値下げを求められる通信。コロナは移動を減らしコミュニケーションを増やすのか。いずれまた移動も活発になるのか。
定期券という形ではなく、月の利用に基づいて後から精算という形でどうでしょう?同じ区間だと割引くというのもよく考えるとあまり合理的では無い?かと。
東日本旅客鉄道株式会社(ひがしにほんりょかくてつどう、英語: East Japan Railway Company)は、東日本を中心として旅客鉄道等を運営する日本の鉄道事業者。1987年4月1日に、国鉄分割民営化に伴い日本国有鉄道(国鉄)から長野鉄道管理局、新潟鉄道管理局及び東北・関東地方の各鉄道管理局の鉄道事業を引き継いで発足したJRグループの旅客鉄道会社の一つ。 ウィキペディア
時価総額
2.64 兆円

業績

西日本旅客鉄道株式会社(にしにほんりょかくてつどう、英語: West Japan Railway Company)は、日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業および船舶事業を引き継ぎ発足した旅客鉄道会社の一つ。 ウィキペディア
時価総額
1.20 兆円

業績