新着Pick
275Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
課題は、観客をどれだけ入れて大会を行うか、です。

国内のスポーツイベントで、感染防止対策を施して観客を入れる試みが続いていますが、最終的にこの上限をどこまでにするか。社会的距離間を取るため、席の間隔をあけるとなると、チケットを減らさなければなりません。

チケットは電子版と刷り出し版がありますが、関係者を取材すると発送のタイムリミットは「来年3月」とのこと。高齢者と家族がグループになっている連番席もあり、こうした家族チケットの分断は厳しいところ。

まずはキャンセルを募り、観客数の調整に入るものとみられます。あとは海外からの観戦客・五輪関係者をどれだけ入れるか、ここが焦点になると思います。
現在多くの国では来年の夏までは学校も再開が怪しいという状況で、選手が練習をして競技会に出れる状況なのかというのはとても疑問ですが、実施するとしても無観客もしくは当初から相当少ない人数せざるを得ないでしょうから払い戻しの受付が発表されたのは一安心ですね。
日刊ゲンダイがバッハIOC会長から東京五輪は欧米のコロナ再流行の今、欧米選手が参加できないから中止しろと言って来たと報じてましたが、話の信憑性はおいておいて、さもありなんとは思いますね。

https://ch.nicovideo.jp/magosaki/blomaga/ar1958446?key=15049d3706ec88c710ebf39640839b8b7cc89086cce868b247d0fb43a696138a

米国の新規感染者8万4000人
https://newspicks.com/news/5331488

フランスは4万人
https://newspicks.com/news/5330704
観戦チケットの25%がスポンサーや各国オリンピック委員会、政府要人などに配られると聞いています。もちろん外国人観客向けに買い付けるバイヤーも少なくないはずです。

実際のデータが手元に無いのでわかりませんが、日本人以外向けのチケットもかなり販売・配布されているのだと思います。

2002年のサッカーワールドカップの時、私はチケットが購入できず観戦を断念したのに、チケットを持った外国人観戦者が会場に来ず、観客席がガラガラという事がありました。

コロナの状況が来年どうなっているのかはわかりませんが、試合会場で見たいのにチケットが購入できなかった日本人、チケットが購入できたけど入国できない外国人、といったケースも出てくるかもしれません。

このようなミスマッチの対策も必要だと思います。
来年、東京オリンピックは開催できるのでしょうかね?
抽選で当たった人は可愛そうですが、いずれにしても今年のチケットはしっかりと払い戻してから次に動いて欲しいです。
東京オリンピック、大会の延期で観戦ができなくなった人を対象にした払い戻しを11月から開始。どのくらいの規模で開催できるかが見えていないから、一旦全て払い戻しをした方が混乱が少ないと思うけどな〜
観客をどの程度入れるのか、海外の人まで受け入れるのか、もし絞るならどのように選ぶのかなど(例えば四人分のチケットを持っていますが、予約単位で選ばれるのか、二人は行ける、となるのか)、それをいつ決めるのかなどなど、決める方も大変ですね
男子フェンシング決勝のチケットが幸運にも当選購入できてますので、開催を信じて持ち続けます!

全ての選手、大会関係者の皆さん、モチベーション維持と体調管理の長い戦いですが、頑張って下さい。応援しております。
この機会に払い戻しをせず、チケットをキープしたとして、実際の観客数を絞って大会を開催することになった場合、誰がライブで観戦できるかはどうやって決めて通知するのだろう?当日の混乱がないことを祈りたい。
開催してもしなくても、東京オリンピックの資金収支管理は最後まで大変そうです…
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア