新着Pick
45Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「 一部の高度な医療については、保険が適用されない先進医療と適用される治療との併用を認める方向」とのことで、この分野に関して混合診療を認める方針、と解釈できます。

より多くの人が保険適応になる「標準治療」にアクセスできるというメリットがある一方、自由診療部分にもよりアクセスしやすくなることが予想され、それに伴い「医療格差が増える」「エビデンスのない治療が増える」といったデメリットも生じてしまいます。『一部の』高度な医療との併用について認める形でバランスをとったものと思われます。
日本ってHealth economicsの考え方が遅れてると思う。個人的にはこの政策は喜ばしいことですが、この費用って公的にどのようにいくらの国民への負担なの?ゴールが少子化対策だったら、的外れだと思います。長期的にみたら、女性の社会進出と男女ともに働きやすさ➕生産性の向上、若者へのスムーズな世代交代、産休産後サポートの充実などをした方が、未来への不安を軽減して安心して早くに結婚、出産をできる環境になると思います。
不妊治療の保険適用の範囲が広がりそうです。
具体的には、現在対象外の体外受精や顕微授精などのうち、有効性や安全性が確認されたものは、新たに対象に加えること。また、一部の高度な医療については、保険が適用されない先進医療と適用される治療との併用を認める方向で検討しているとのことです。
税の使い方として不公平感はあるかもしれないけれど、保険適用を飛び越えて無料にするのが勝てる方法ではないかと。