新着Pick

20代女性向け雑誌「JJ」が21年2月号で月刊誌終了へ

FASHIONSNAP.COM【ファッションスナップ・ドットコム】
285Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「雑誌」を「ネット」に置き換えても、存在感はますます希薄になるのですが、「ネット」を「雑誌」に置き換えると存在感が増したりする。

色んな業界が「ネットを起点にリアルに進出」しなくてはならない。

チャネルの置き換えは真の課題解決にはならないですね。
今年の3月か4月だったでしょうか。定期購読している日経ビジネスを郵便ポストから手に取ったときに「薄ーっ」と衝撃を受けたのは。

はじめは「あ、そっか、そっか。ステイホーム期間中だから取材ができなくて記事が減ったんだな」なーんてことを思ったんですが、中身を開くと記事はいつものまま、ちゃんとあるんですよね。

で、気がついたわけです。広告ページが激減していることに。ペラッペラでした。最近の日経ビジネスは戻りつつありますが、ブランディング広告が多い紙媒体への広告はコロナの影響で大打撃を受けましたよね。

それを見て、今春の時点で雑誌はかなり廃刊になると予想していましたが、いよいよ来たかなあという印象です。
赤文字系の王道雑誌JJの終了はショックですね...

元を辿ればJJの成功がVivi、CanCam、Rayなど女性誌を生み出したんですよね。中高生時代に読んでましたが、当時神戸など関西の読者モデルを生み出し、JJ bisなど派生雑誌も生まれてカルチャーを生み出す存在だったなと。

2000年台後半からは差別化に苦労し、エビちゃんなどのヒットもありCanCam、長谷川潤ちゃんなどミックスモデルを起用したViviと他の赤文字雑誌に抜かれていった印象です。

オンラインシフトが進み、10万部前後の売上だと採算維持出来ないので打ち切りを決めたのでしょうが、カルチャーを生み出す存在としての雑誌を知ってるがゆえに悲しいです...
今後、モデルさんのオンラインシフトも加速しそう。雑誌に載るよりも、インスタやYouTubeなどネットで認知を取る時代の変化ですよね。
創刊から人気の高い雑誌だったが、紙離れのなか ついに月刊終了。 感慨深い。
JJに限らず、今年に入ってから女性誌には変化が見られます。ページ数を大幅に削ったり、発行頻度を減らしたり、紙質を落としたり。どこも大変なのでしょう。
漫画雑誌もそうですが、ウェブへのさらなるシフトが進みそうです。
個人的には雑誌は大好きで、雑誌だから出会える情報はまだまだ存在すると思います。一方で印刷や配送のコスト、日々接しているツールを考えるとWebというのは理解できます。ただ、Webに移行すればいい、ということではなくまた別の競合が存在するのでそもそもの存在意義が今後より強く問われていくのではないでしょうか。
JJは中国語のJieJIe(おねえさん)の略称ではないかとずっと娘に言っていた。
娘もまともに信じてときどき買っていた。
もう休刊するのか、私の嘘も終わっていく。
なんと。最近は雑誌内での特集が韓国やインスタ系が多くてそれも面白いと図書館でたまに読んでた。

>女子大学生を中心とした18歳から24歳
ターゲットの割には、結婚特集が多かったような。確かにこの世代の大きな関心かも。
こんなメジャーな雑誌が…。20代向けだからこそなのでしょうか。まあ、私も雑誌は基本dマガジンで、紙で読むのは美容院だったりします。雑誌の誌面レイアウトは好きなんですけどね。時代の流れを感じますね。
もともと出版業にいたのでとても感慨深いです…最近は出版社が手がけるメディアでも最初からオンライン展開のみというケースも増えましたよね。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン