新着Pick
105Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
引け後で株価は-9%超。見出しで「??」と思う状態で、DC需要がそんなに下がっているように見えないなかで、DC不振だとどうするのかという話になる。
決算プレゼンを見ると、前年同四半期比でDC-10%、PC+1%。DCの説明としてコロナで大企業・政府需要にインパクト、あとは単価がYoY-7%、10nm移行でコストアップで利益率低下(49%→32%)。なお、10nmは同様の影響がPCでも出ている。DC関連で、大手クラウド業者向けの需要はどうなっているのかが気になる。
あと、HynixへのNAND事業の売却を正式発表。報道通り90億ドルで、それを原資に100億ドルの自社株買いをするとのこと。

プレゼン:https://bit.ly/3kqxHc3
だって、安易にコア増やす方向だもの。

今時はハードよりソフトウェアライセンスコストの方が辛い。
コア数で取られちゃうから。

ユーザーの事何も考えてないよね。
今までは、安定性では intel のイメージが強かったですが
最近は AMD がガンガン来てますね

自作PCでもAMDが流行ってきてますが、ソフトウェアとの相性はまだ intel な気がします。

OSに近い部分のソフト開発者がAMD向けにチューニングしてしまうといよいよ intel キツいのでは?

時間の問題な気もします。
テレワークの横行だけならまだしも、ビジネスモデル的に厳しい事業者が増えることでこうした影響が出ているのだと痛感。
こうしたニュースには、常に明日は我が身だと考え備え、動いていきたい。
データセンターやシステムインフラは減らない。
インテルの需要が減っただけ。
nvidiaとの明暗、データセンターサーバーシェアに明らかに変化が
私も最近買ったパソコンは ThinkPad E595 と言う CPU が AMD のモデル

インテルが不振な原因は半導体プロセス開発の遅れ

インテルの 10nm プロセスは AMD が採用している TSMC の 7nm プロセスと集積度は同等だが

- AMD がデータセンター向け 7nm CPU を発売したのは今年の2月8日
- インテルがデータセンター向け 10nm CPU を発売するのは来年
インテル(英語: Intel Corporation)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く半導体素子メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
25.9 兆円

業績