新着Pick

忙しくても結果を出せる人は、勉強で “このサイクル” を回している

STUDY HACKER|これからの学びを考える、勉強法のハッキングメディア
290Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
勉強の基本は、「最初からきっちり読もうとしないこと」に尽きると思います。自分が必要としている情報にまずアクセスしてみる。わからなくても。で、他の前提知識が必要だとわかったらそこにさかのぼってみる。

第1章から積み上げ型で勉強しよう、と思ったらたいていまえがきだけとか、第3章くらいでその本を読まなくなってしまいます。
ゴールの設定は非常に重要ですね。
普段、PDCAのサイクルは意識していても、そこに明確なGを加え「G-PDCA」とするということは大事なポイントだと思います。

このサイクルは、勉強に留まらず、日頃のビジネスにおいても同じことが言えます。何か施策を実行しようとする際にも、その目的・ゴールが何であるかをしっかり定義し、チームメンバー全員が同じ認識でそのゴールを理解する必要があります。(同じ方向を向いてプロジェクトは進める必要がありますので)プロジェクトマネージメントでも、プロジェクトのゴール目標を定義し、成功裏なゴールの理解をメンバー全員に説明して、理解した上でプロジェクトは進める必要があります。プロジェクトマネージャーはその責任と役割があります。

そして学びは継続的持続的である必要があり、サイクルを続けることが重要なわけですが、このゴール設定をセットし、なぜそこに向かいたいのか、なぜ成果を出す必要があるのか、モチベーション高く続けられるように今後も目的、ゴール、目標を明確に実施していこうと思います。
目指すべきゴールを明確にすること、そして、PDCAをきちんとまわすことだそうです。
「ほとんどの人が計画(P)と実行(D)で終わってしまっていると指摘します。つまり、検証(C)と改善(A)ができていないということです。」
勉強に限らず仕事でも非常に大事なことなのだろうと思います。
プロセスも重要ですが、それ以上に最短で最も労力を使わないやり方でゴールを達成できることが個人的にはポイントです。仕事では、捨てるところは捨てる、自分が得意じゃないことは人に任せる、、、。
ハッとしました。自分では意識していたものの、Gの存在は忘れられがち。いつも間にかPDCAを回すことがゴールになってること多い。文字などによる見える化は大事なコミュニケーション手法ですね。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン