新着Pick
223Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
SDGsの目標12「作る責任、使う責任」の基本的な考え方に「消費者が物やサービスを買うという行為を通じて、企業や社会が良い方向に向かうようプレッシャーをかける」というのがあって、この考えが当たり前になっていくのを最近特に感じます。これは「企業がすべきことは、消費者のニーズを満たす製品やサービスを作って提供するだけじゃないよね」と考える消費者が増えていることとイコールかもしれません。

記事の中で紹介されている「国家や民族に代わる真にグローバルなプラットフォームを作ること」は企業のおごりでも何でもなく、企業の目線として大事だなと思います。実際、ユニクロさんでは難民の方を従業員として雇用する取り組みもしていますし。これ、グローバル市場に展開している企業かどうか、ではなくて、世界にも目を向けたときに自分にできることからやっていこうということだと思います。大川印刷さんはいわゆる中小企業ですが、ユニクロと同じく難民雇用をしておられます。

あとは「次世代(20年後や30年後)の生活する社会・環境を考えて、今この商品を作って売っている」みたいな未来につながる視点があることも大事だと思います。売り手・買い手・今の社会や環境・将来の社会や環境の4方よしがこれからは求められる企業だと思います。
これまでのマーケティングは個人の課題を解決することだった。これからは個人のみならずコミュニティや社会の課題を解決することまで拡張しなければならない。社会課題を解決するマーケティングつまり、ソーシャルイノベーション。SDGsはゆえに企業の根幹をなすものになる。真の3方よしの実現に向かいたい。
他を利する、社会のお役に立つ、いずれも日本の企業のほぼすべてが行動指針や理念で述べられている。二枚舌を標榜した企業はないだろうが言動を一致させよというメッセージだと思っている。
アメリカの最近のGAFAなどに対する国からの厳しい風当たりを見てもそうですが、企業はある程度の規模になってくると、ビジネスのルールの中だけではない、社会コストのようなものを負担していくことが求められます。それは事業が大きくなり、社会に与える影響が無視できなくなるからですね。
無印良品は、無印と銘打っているように、ノンブランドで良いものをリーズナブルに提供する、という価値提供を行うために生まれたが、最近はその価値提供は果たして出来ているのだろうか。本業の価値提供が見えくくなると、ソーシャルな企業と言われても、まずは本業でソーシャルに対して価値を提供してよ、と思ってしまうし、周辺のソーシャルな活動の対外効果も薄まってしまうと思う。周辺のソーシャル活動は難しいテーマなものが多いだろうし、そのためきっと優秀でクリエイティブな社員をアサインしてると思われるが、それであればその人達を本業にアサインした方が結局は社会貢献が大きいのではないだろうか。純粋なソーシャル活動は社外リソースを上手く使うことも大事な気がする。
これからはソーシャル企業の時代、他を利することができる企業が、長い目で見て生き残ることができる時代、という視点はまさにそうだと賛同します。

「どうだ、かっこいいでしょ?というエゴでモノづくりをしていたファッションビジネスはもう過去のもの」という認識にも同感。

個人のSNSにしても、同じことが言えるのではないでしょうか。「どう?私きれいでしょ?」みたいにいつも同じ角度の立ちポーズ、同じキメ表情の写真投稿というのがとっくに過去のものだという認識がない人は、すぐに「他を利する情報」に切り替えましょう。笑
ソーシャルグッドな企業・ブランドだけが選ばれ、生き残る時代に。利他の精神が重要ですね。
自分だけを大切にする時代は終わる。
社会に対しても自分も大事にできる商品、企業が残っていくんですね。
無印はESGを重視すると言いながらXinjiang Cottonを使ったアパレルを売り続けるのはやめてもらいたい。しかもラベルに大々的にXinjiang Cottonと明記している。嫁はラベル見て手に取った服を即座に棚に戻しました。
従来の経営では「自社はこうなりたい!」という意思が大事でしたが、今の時代には「社会から何を期待されているか?」を理解し、応えることがより重要ですよね。

「Mission」という英単語は、以前は「使命」と翻訳することが多かったのですが、最近では「存在意義」が多くなってきました。

つまり「企業のMission」は、「自分たちが考える自分たちの会社の使命」ではなく、「社会が、その企業に対して期待することに応えることによる、その企業の存在意義」になったのです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
株式会社良品計画(りょうひんけいかく)は、無印良品(むじるしりょうひん)を展開する専門小売業者である。 ウィキペディア
時価総額
6,677 億円

業績

株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
9.7 兆円

業績