新着Pick
193Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ANAの財務諸表上、マイルは引当金計上されているので、負債としてあがっています。ピーチは連結子会社なので、マイルはANAで使おうがピーチで使おうが同じ消費になるので、ピーチで空気を運ぶだけなら、そこでマイルを消化してもらう方がANAの連結上、負債の圧縮となります。
マイレージをANA便で特典に変える場合と比較して、peachで特典に変えることで変換率がどの程度違うかが気になりますね。
実運賃だと半分以下という感じでしょうから、そのぐらいでないとあえてpeachに変換しないかな。
変換率が半分以下なら、マイレージの有効期限切れでマイレージが十分たまっていない場合の受け皿にはなるかも知れないですね。

既存のマイレージは企業にとって引当処理していてバランスシート上は負債になるはずだし、来年度から(?)IFRS移行で売上にも上がらなくなり、都合が悪くなるので何としてもこのマイレージ負債を減らしたいというのも思惑にあるかも知れません。
今はマイルを消化出来なくて困っているANAユーザーが多いですよね。
Go to もあるので、支援の意味で、なるべく航空券代としてANAにお金を落とそうとしている人も多いですし。

何より、国際線で使わないとマイレージの旨味が少ないですから。
ピーチに使えるとしても交換比率がお得でなければ、中々利用は進まないかもしれないですね。私は、ピーチならば台北便で使いたいな…→やはり国際線
peachでマイルをつかえるようにするのは禁断の手ではないでしょうか。
LCCと普通のエアラインとの差はサービスだけでなくマイルが大きいと思います。
新型コロナが終わった後、ANAにとって大きな禍根になるのではないでしょうか。
ANAのマイレージが使い切れない私としては、国際線で使える目処が立たない中、国内線の選択肢が増えるのは非常にありがたいですね。昨日も使い切れないマイルを仕方なく、Tポイントにしたばかりで、ANAからはお金が流出しています。LCCを敬遠していた人もタダであれば、Peachを使ってみようかな?と思えるので、LCCを強化していると言えるのでは?

記事読んでも、Peachの強化策とは一切書いておらず、ANAがLCCを強化するという内容です。
ANAマイラーからすると、Peachで使った際のマイルがどれくらいになるか次第な気がします。MCCでコードシェアをしているスターフライヤーの場合、国内線で同じだけのマイルが必要になります。ただ、これはMCCだから許されるところがある。LCCのPeachで同じマイルを求められればそれを選択する人は少ないだろう。少ないマイルで同じ距離を移動できるなら使う人も出てくるとは思います。
問題は、ANAで貯めたマイルをLCCへつかった時にどれほど「割安」だと感じるかだと思います。ANAの1マイルあたりに換算してみたら現金払いのがお得、となるとあまり浸透しないような…。
新型コロナウィルスが収束しても、ビジネス出張は従来の量には戻らないでしょう。

プライベート旅行が戻っても、大半がエコノミークラスなので、ビジネスクラスを使う企業の出張が戻らないと、LCCでないメジャーなエアラインは採算が確保できません。

LCCを強化しても「損失の低減」ができるくらいで、「収益の増加」は見込めませんよね。

ANAだけでなく、メジャーなエアライン共通の課題なので、ビジネスクラスに依存しない収益構造モデルを、どう構築していくかの勝負になりますね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
これは利用者にとってメリットとなるのでは?また、陸マイラーと呼ばれる方々の利用が身近になると良いのだが。
と言いつつも、5,000億程度の赤字払拭をLCCに託すと言うのは荷が重すぎるので、これから明確な打開策が聞けることに希望を持ちたい
ANAのマイルをピーチのポイントとして使える施策が、なぜピーチの強化策になるのかわかりません。事実上、ピーチの支援では?
ANAホールディングス株式会社(エイエヌエイホールディングス、英語: ANA HOLDINGS INC.、略称: ANAHD)は、東京都港区に所在する日本の会社で、航空輸送事業を主力とするANAグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
1.30 兆円

業績