新着Pick
332Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
カッェンバーグはハリウッド随一の超超大物プロデューサー、メグホイットマンは言わずと知れたテック界大物プロ経営者。

その二人がスタートアップ的ではない、映画プロジェクト的なスタイルで、ほぼDAY1から1800億円近くも集めて立ち上げたスタートアップを、半年で早々に畳むという話。

スタートアップ支援業に、はしくれとして携わるものとしては、たいがいにしろと言いたくなる大汚点、とくにホイットマン。まだ64歳でもう一花くらいは咲かせられる(た)だろう彼女にはまともなオーナーはもう経営者として任せたいとは思わないのでは。もう経営からは手を引き彼女が本来やりたい政治の道に邁進したら良いと思う。

1800億円も集めてたった半年で放り出すのは忠実義務も経営者の矜持も何もあったものではない、出資した側からは合法的詐欺として受け止められるだろう。
これだけ大きくなったYouTubeやその他プラットフォームがある中で並大抵の投資では勝てないのは大前提あるが、今回は1830億ものお金を集められたので数年はサービス継続してPDCAを回せたのではないかと思ってしまいます。AbemaTVでも-200億/年ぐらいなので。

短期間で使い切ったことを考えるとおそらく相当な数のプロコンテンツを制作費を払ってコンテンツ数を増やすことをやっていたのだと思うが、スマホだとなかなか収支が合わない。これが従来の制作会社がはいったときにペイしない典型的なパターン。YouTube、ニコニコ、TikTokはUGCからスタートしたので制作費がかかりにくいので良かった。

ベライゾンが提供していたモバイル動画配信サービス「Go90」の撤退しかり、制作が入るパターンはなかなか難易度高いと思うし、これだけのお金を一気に溶かしてしまったので投資家からの追求は厳しいと思う。レジェンドが関わっていただけに残念。
Quibi自身の従業員向けオープンレターで告知されたので確定です。買い手を探しているとか、ホイットマンとカッツェンバーグの不仲など、いろいろ取り沙汰されていました。この先、コンテンツを切り売りするようです。

一方大統領選周辺で、バイデン陣営が当選の暁には共和党の政治家を一部入閣させるとの情報が流れており、その候補者の一人にメグ・ホイットマン(以前共和党からカリフォルニア州知事選挙に出たがまけた)が挙がっています。何やら、タイミングいいですねぇ。
1830億円を調達したQuibiがリリース後6ヶ月で事業閉鎖を検討。本日の米国のテックニュースはこの話題で持ちきり。FacebookやNBCUにコンテンツの切り売りも提案したが見送られたと昨日のThe Information では報道されていました。既にリストラ専門会社も採用され、本日、事業閉鎖に向けて投資家とのミーティングも開催されたとの事でかなり角度は高そう。
因みに会社の買い手が見つからなかった大きな理由の一つがコンテンツのライセンス権利を2年後にはクリエイター側が使えるようにしたクリエイターフレンドリーな契約にあったと報道されています(Quibiにコンテンツ資産が残らない)。クリエイターでもあるKatzenberg氏だからこそのスキームでしたがそれが皮肉にも最後は会社を苦しめる事に
ローンチ直後にダウンロードして見たけど、アプリにこだわりすぎてテレビに映せないし、これは厳しいでしょ。。と思ってたら、一ヶ月後の無料期間終了のタイミングで大半のユーザが離脱。それにしてもこれだけ早くしっぽ巻くとは。。株主リストがまた趣深い。。
経営者の責任は言うまでもありませんが、既存の投資家がどこまで経営状況をモニタリングしていたかは大変に疑問が残ります。ボードミーティング出る機会も増えましたが、有力なVCほど、主要KPIとモニタリングプロセスをガリガリと見ています。

Quibiをスタートアップと呼ぶかどうかは別として、投資家の大半がエンタメ系の大企業やメディアであり、業界経験があることと、投資先企業のモニタリングや管理ができることはイコールではないことを如実に示しているのではないでしょうか?
ミダスキャピタルの寺田さんがTweetされていて知ったのだが、本件で朝日放送グループが減損を出している。
https://twitter.com/ShusukeTerada/status/1319216179785789441?s=20

Quibiに、Pegasus Tech Ventures経由で2500万ドル投資、それの評価損が出る可能性。
https://corp.asahi.co.jp/ja/ir/news/auto_20201022406838/pdfFile.pdf
競合であるYouTubeや「Netflix」「Disney+」「Apple TV+」が携帯電話でも見やすくなっているため、携帯電話向けのみのコンテンツらあまり需要がなかったということなのでしょうか。
モバイル動画サービスの厳しい現実ですね。
期待していましたが、視覚に訴えかけるビジネスは、やはり「あったら良いね」的サービスとユーザーの真の受容行動に乖離があるケースが多いですね。

そのあたりの冷静な判断と挑戦のバランスが難しいですね。
Quibiの元々のプランは、通勤時などの隙間時間で気軽に10分程度のハイクオリティ動画を、でした。しかし新型コロナでステイホームが続き、そうするとネトフリはじめとした長編動画が伸びた、という誤算も大きかったかと思います。