新着Pick
444Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
売上が予想以上かつ四半期で過去最高益を計上し、時間外で株価は3%近く上げ時価総額も再び4,000億ドルに。排出権クレジット売却で利益出す構造は変わらないけど、直近でも現代やニコラがコケる中、EVで圧倒的に先行している現状を示してもいる #米株 #テスラ
岡村さんの書かれている通り、CO2排出権を他社に売りながらの黒字ではあります。

ただし、欧州のCO2規制は今後もますます厳しくなりますので、当面はこのスタイル(車両ビジネス赤字※CO2排出権で黒字化)は成り立ちそうです。
その間に、バッテリーの内製化等で車両ビジネスだけでも成り立つ仕組みにしていき、EV市場の覇権を取りたいというのがテスラの考えなのでしょう。

ちょっと前に時価総額がトヨタを超えましたが、今ではトヨタ+VW+ダイムラー+GMの時価総額を超えてしまいました。

元自動車会社勤務として自動車関係記事はいつもチェックしていますが、今年に入って記事の数でもテスラが群を抜いています。

※斎藤さんコメントでは、テスラは既に車両の収益でプラスを達成したのですね。これは大きなニュースですね。
知り合いのテスラユーザーが、アプデするとメモリ解放がうまくいかないバグがあってブラックアウトするバグがあるらしく、アプデしたくないみたいなこと言っててそれを解消するにはユニット交換しかないみたいで大変みたいなこと言ってたけど大丈夫かなぁ?
この間のコロナ対策完備の車でのミーティングは見ものでしたね!

他の自動車メーカーが苦戦する中の連続黒字、Apple以上の顧客ロイヤリティを消費者に感じます。
テスラが超好決算。自動車売上高は前年同期比+42%の76.11億ドル。総生産台数は前年同期比+51%の14.5万台。年間目標の50万台も見えてきた。排出権収入を除いても黒字化。上海工場がスムーズに立ち上がって、テキサスやベルリンも建設中。順風満帆になってきたな〜
たぶん排出権が‥と思ったら、それ除いての黒字には驚き。そりゃ株主も株価もうなぎ上りだ
色んな追い風が吹いていると思いますが、時代の変化が加速度を増して進展することで、テスラはまさに自動車業界の異業種参入者としての地位を確立しそうですね。

イーロン・マスクさんの信念と世界観は凄いですね。
おめでとうございます。
きちんと収益をあげられるのは並大抵の事ではないと思います。コレはなかなか真似できないでしょう。

中国工場で採用のCATLバッテリーコストがキモでしょうか。

パナは切られる運命か…
補助金ブースト無しでも利益出せる構造になるには、複数の国や地域にまたがる販売台数規模が確保されなければならなかった、ということか。だとすれば、とても納得感ある。今後、単価が下がっていくかどうか。
テスラが、EVを広めるにあたり、
約8年前から世界中に高速充電インフラ(SuperCharger)をコツコツと設置してきた事が、今の状況に非常に大きく寄与していると思います。

現在様々なライバルが登場していますが、
テスラと他EVの最大の差別化要因は、全国配備された高速充電インフラの有無です。

トヨタ、日産、諸外国メーカーが今のテスラと同程度以上のインフラを整備するには、どんなに早くとも4,5年は優に掛かると予想します。

テスラが各地に今後も猛烈な勢いでインフラを整えたら、次は、ガソリンとコスト比較をしながら、充電課金を強化していくのではないでしょうか。

そうなれば。あたかもテスラは、
「ガソリンスタンドを経営する自動車メーカー」
みたいなものです。
ストック収益も積み増されることになるでしょう。
時価総額
62.9 兆円

業績