新着Pick
309Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ここに書いてあること以外では、歯磨きもオススメです。

口腔ケアになりますし、爽快感の強い歯磨き粉やマウスウォッシュを使うことで眠気覚ましにもぴったりです。
メンタルのことをフィジカルで調整する。

やる気が出ないときに、やる気を出そうと思っても簡単ではありません。

だからこそ、腕立て伏せや深呼吸、頸動脈を冷やすなどが有効ですね。

じっとしまま、やる気出そうと無駄な抵抗をするより、フィジカルに刺激してみましょう。自分なりの方法でいいと思います。

意志の力だけで、やる気を出せるメンタル強者になろうとしなくてもいい。
自分なりの"やる気スイッチ"を思い通りに入れられる方法は、数多あると思うが、人それぞれですよね…。ポイントは、脳をリフレッシュすること。何も考えない状態を創ることが脳を休めることに繋がる。"瞑想"がよく効く理由が理解できた。道具も不要だし、どこでも実践できる。瞑想を実践する際に、気をつけるべき下記のポイントは覚えておきたいね。

"調身"-体の姿勢を整えること
"調息"-息を整えること
"調心"-意識や心を整えること

最後の"調心"にはコツが必要になる。一つの対象に注意を集中させることが重要で、はじめのうちは、自分の呼吸に集中するのがよいとのこと…。コロナ禍でマスクが常態化していると呼吸が極端に浅くなっていることに改めて気づく…。深い呼吸を意識して取り入れたいですね。
Covid-19の影響で、リモートワークの時間が増えており、PCの前に座りっぱなしの時間が増えています。どうしても体がこわばり、思考も硬直化しがちなので、こういった習慣は取り入れていきたいですね。
【リフレッシュ法5】瞑想をする、についてはマインドフルネスという名でたくさんの企業で取り入れています。
私もやり方を教わり時々実施していますが、頭がスッキリします。
「「腕立て伏せ」で体を動かすことで筋肉に負荷がかかり、交感神経系に刺激が与えられるため、心身は緊張状態となります。しかし、そのあいだ余計なことを考えなくなるため、脳を休ませることができるそう」
マインドフルネスもまさにそうだと思いますが、余計なことを考えないために何をするかですね。腕立て伏せなら運動もできて一石二鳥だなと思います。
個人的には俳句を作ろうとすると、詠みたい光景だけに集中するので余計なことを考えないです。投句まで時間がなくとにかく作らなければいけない時はまさにその状況に。ただ、色々悩むので脳が休んでいるとはあまり言えないかもです。。いつもと違うところを使っているという実感はありますが。。
まさに昨日そういう状況があったな。家で作業する時には腕立て伏せ導入してみよう。他の方のコメントにもありましたが、歯磨きもスッキリしてよさそう!
腕立て伏せって斜め方向からはじまりましたが、瞑想など一般的なものもありますね。やる気に関わらず疲れたタイミングで実施するのが良さそうです。
体を動かす、場所を変える、短時間睡眠をとる…この3つをオススメします。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません