新着Pick
561Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
どの空港からどの程度の便が移管されるかという情報がないので、具体的なことは言えないと思いますが、成り行きとして仕方ないことと思います。
今までは羽田の再国際化に際し「成田縛り」と呼ばれる行政指導が公然と行われ、羽田に新規に国際線を就航させても成田の既存の国際線を減便したり廃止したりしてはならないというルールがありました。すでにコロナ前から外資航空会社の猛抗議もあり事実上死文化したルールとはなっていましたが、ついに日系航空会社もそうしたルールを亡き者にすべく動き始めたということも言えそうです。
特に全日空傘下ではLCCのピーチが関西や成田をすでに拠点としているほか、先日エアアジアが抜けた中部への就航もすでに表明しており、ANAブランドとしては羽田を拠点に、関西や成田からはピーチを主体に、当面は路線網を展開していくことを狙っているものとみられます。
規模を縮小する際に、収益の期待できるところへの集約は必然。そのしわ寄せは、グループ各社に来るのも必然。ただ、成田、関空、中部国際空港が厳しくなります。
どこまで縮小すればよいかは難しい判断だろう。
75路線から28路線へ、また、5400便から800便への減便は、どのよう計算し決定したかなどは、株主への説明が不要なレベルの経営判断事項だろう。
株主とはそういうものであり、「出資と経営の分離」だ。

28路線、800便までの縮小で事業存続が可能なことを経営者がコミットすることも、事実上、不可能だから、状況に応じて臨機応変に対応できる、レジリアント経営が当面の方針だろう。

設備はともかく、技量・経験が必要な分野の人員を絞り込みすぎると、かえって、弾力性を失うことになる。
かといって、「多能工化」は上手くいかない。

需要が消滅したわけではなく「塞き止め」られているだけだから、Covidという栓が抜ければ、必ず戻る。
少子化で需要が無くなっている業種とは性質が異なる。
この記事はその後 修正され、羽田集約から需要回復後には羽田優先で…に変わってます。

全日空は、羽田の第2ターミナルをハブにしているので、まず羽田を中心にたて直すのは頷けます。

ボーナス削減、採用見送りに劣後ローンなど、これで回復の道筋がみえてくるかどうか。

やはりなんと言っても、海外のコロナ感染者数の減少、国際路線の復活が一番大きい回復の要素だと思います。
国際線は需要変動しやすく、国内線に比べて不安定で回復の見通しが立てづらいのでこうした経営判断になるのは自然なこと。

大型機の整理も報じられているが、ホノルル線専用機として投入されていたエアバスA380がどのような扱いになるか気になるところ。最後まで戻りが悪そうな観光路線で、且つ四発のA380なので真っ先に削減対象となりそうに思うが、発表を待ちたい。
航空会社は1機でもフライトを運航していれば、その空港に対して利用客数とは関係なく一定の固定費が発生します。通常は、国際線の方が概ねそのコストが高くなります。
もし観光客が多ければ、これらのオペレーションコストが相対的には低い関空や中部国際空港でのフライトは収益源になる所ですが、現在の国際線はビジネス利用がメインであり、それならば羽田空港に集約をするということなのでしょう。
国としては、ANAとJALに万が一のことがあったら支援をすると思われますが、ANAは伝統的に国の支援は極力受けないというカルチャーを持ち続けているのが分かります。この辺りは、早々に国の支援を決めたデルタ航空などアメリカの航空会社と比較して、頑張っているなと思います。頑張るならば、最後まで是非頑張って欲しいですね。
都民や訪日外国人にとっては良いことですが、成田の反発が大きそう。羽田のハブ空港化に対して、「冗談じゃない!」と、迫真の演技(?)で怒りをぶちまけた森田健作知事の映像が思い出されました。千葉県知事も交代のタイミングというのもめぐり合わせを感じます
「羽田、成田、関西、中部の4つの空港と海外を結ぶ便のうち、成田発着分を8割減に、中部と関西を大幅に減らしてほとんどを羽田空港に集約する案が出ている」とのこと。
航空業界への影響が非常に大きいですね。いろんな対応が必要になってきているように思います。
がんばれANA!!数年前、妻と娘が日本に住んでて2週間に一度日本に帰ってた時、いつも乗ってました。あの頃、家族の絆を繋いでくれたのがNH105/106便でした。みーちゃんと乗った時もとても優しくしてくれました。世界一のエアラインです!!コロナが終わったらまた乗ります!!
企業として正しい決断。何としても自力で生き残ろうという意思を感じる。青組バイアスある感想だけれども、頑張ってほしい。
ANAホールディングス株式会社(エイエヌエイホールディングス、英語: ANA HOLDINGS INC.、略称: ANAHD)は、東京都港区に所在する日本の会社で、航空輸送事業を主力とするANAグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
1.39 兆円

業績