新着Pick
95Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
DCMのTOBを高値に釣り上げる効果はある。どの筋からの情報流出か分からないが、意図的なリークであればかなり悪質です。このリーク情報によって損をするのはDCM、得をするのはニトリ、もしくは既存株主。ニトリは1ミリもリソースを使わずライバルの邪魔ができます。
悪質なリークでスキャンダルにならないことを祈ります。
企業間の競争は、こういうものだと思う。
ニトリは2017年4月にリフォームのカチタスと資本業務提携(カチタスは2017年12月に上場)。これはあくまでリフォームで違う業態で買収ではないし、これまで買収をしたことがない会社。その観点で、昨日の夜の初報含めて、本当にやるのだろうかというのが個人的な所感。
一方で、企業間は競争。相手がより高い金を払うのであれば、それは投資効率を下げて、自社には有利になる。でも高い金を払わなければ自社が買うリスクもあるし、こういう検討を出して買わない場合は「オオカミ少年」的にとらえられていくリスクもある。
それらを含めて、企業としてどういうリスクを取る・取らないの判断をして競争していく。そういうもの。
この説明を読んでも、しっくり来ません。
ニトリも島忠も近くにあった環境に長年住んでいましたが、”島忠買収で大都市への出店を加速する考え”というのは?です。

島忠は東京近郊でのオペレーションは強いですが、大都市とは言えないです。
強いて言えば、SPA方式なので、最近人気商品の在庫切れが目立つニトリに対して、島忠はそういうことがないので、お店に行けば買えるという安心感はあるかもしれません。

あと、店舗設計がSPA方式が前提で計画設定されているニトリが、島忠の店舗に居抜きで入るメリットを感じません。島忠の店舗は、ニトリの商品の並べ方には向かないお店が大半だと思います。
既に旧村上ファンドが買ってる模様。
株式会社島忠(しまちゅう、英称: SHIMACHU Co., Ltd.)は、埼玉県さいたま市に本社を置く、家具やインテリアなどのファニチャー関係の専門店と、日用品などを販売するホームセンターを運営する日本の大手小売企業である。東京証券取引所1部に上場している。証券コードは8184。2016年現在、店舗数は58店舗を数え、主に首都圏と一部関西に進出している。 ウィキペディア
時価総額
2,335 億円

業績

株式会社ニトリホールディングス(英語: Nitori Holdings Co., Ltd.)は、主にインテリア(家具)の小売業等を展開する日本の持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
2.57 兆円

業績

DCMホールディングス株式会社(ディーシーエムホールディングス)は、傘下にDCMカーマ・DCMダイキ・DCMホーマックなどを持つ持株会社。3社の前身であるカーマ・ダイキ・ホーマックの経営統合により設立された、DCMグループ(旧・DJグループ)の統括会社である。 ウィキペディア
時価総額
1,751 億円

業績