新着Pick
16Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
● 今の米国は「分裂状態」と「良好な経済状態」という二つの矛盾した現実がぶつかり合っている

● 高学歴エリートはリベラルであるはずなのに「自分より低学歴の大衆や労働者を嫌う左派」という語義矛盾の存在になり果てた

● 米国の歴史を前に進めるにはまず民主党の側に “意識改革” が必要。そのための最良の方法がバイデンを当選させないこと

「下層民」を見下す「左派」

ヒラリー・クリントンが「自由貿易」「移民受け入れ」「寛容さ」を米国の “理想” として単に繰り返すなかで米国社会の “真実” を語ったのはトランプの方だった

「経済」を論じないエリート

「自由貿易こそ大事」と言う高学歴エリートの真の関心は実は「経済」にはない。「自由貿易」がもたらす世界市場の荒波から彼ら自身は経済的に保護されていて不安がないからだ