新着Pick
453Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中央競馬の売上増について取り上げられていますが、ホッカイドウ競馬の年間売上がバブル期を超える勢いで伸びているように、地方競馬も絶好調です。
他のスポーツや興業、エンターテイメントが苦戦する中の受け皿になっている面はあるのでしょう。

昨年までのJRA馬券のネット売上は70%だったわけですが、必要に迫られれば人は行動を変えるということが証明されたような売上増ですね。
考えてみれば観戦者のほとんどがリモート視聴しており、取引額の大半がオンライン経由であるという点で、元から競馬はオンラインイベント的要素が強かったとも言えます。

競馬場や場外馬券売場のオペレーションコストを考えると、無観客レースは存外、主催者にとっても悪くないかもしれないとも思いますが、現場で実物の馬を見て、競馬のスポーツとしての側面も並行して打ち出せないことには即物的で味気ないギャンブルで完結してしまうことでしょう。
この点、一部とはいえ10月からの客入れ再開はうれしいですね。

「コンテンツの質が強い」とのことですが、血のドラマや、馬産地など取り巻く人の多さ、騎手との絆など、背景のストーリーに富む点は、競馬の魅力を奥深いものにしていると感じます。
私自身は10代の頃、日高の牧場でメジロマックイーン産駒の育成調教を担当していましたが、今でもマックイーンの血の入った馬を応援してしまいます。

「G1レースは社台の運動会」と揶揄される中、今年は菊花賞を残して、社台の馬がクラシックを制していないという異常事態。
記事にもある通り、天皇賞秋は「使い分け」で、レース前からアーモンドアイで堅そうな、やや退屈なレースになりそうですが、この点、引退前に非社台のコントレイル、デアリングタクトとの、世代を超えた三冠馬直接対決がなんとかして実現してほしいものです。陣営の英断に期待します。

それにしても、とうとうNewsPicksのオリジナル記事で競馬が取り上げられるようになるとは……。

ホッカイドウ競馬「バブル超え」へ爆走中、過去最高視野
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64267900V20C20A9L41000/
スポーツベッティングはJRA以外も地方競馬や競輪などどんどん強くなってきた。DAZNが地方競馬の配信始めるのが契機になってスマホ投票が一般化してさらなる発展を遂げるでしょうね。
プロレスかなり近いかも。。

競馬ファンは「馬について語る」ことが大好きです。象徴的なのが競馬場帰りです。買ったら高いお店に、負けたら安いお店に飲みに行く。買っても負けても行くんです。そこで、いろいろな情報交換をするわけですが、みんな馬に詳しい。
そのくらいのストーリー性がある。それは馬のルーツや、状態、騎手や調教師といったさまざまな要素が勝敗に影響するからです。
競馬がこんなにアツイことになっているとは。

ま、競馬はそもそもギャンブルで、アドレナリンの分泌を促進させ人を熱狂させる娯楽ですからわかるといえばわかります。

今度、朝倉さんに競馬を語っていただく特集記事も期待しています!!
先日、競馬が好きな友人に誘われてオンラインでzoomをつなげながら、競馬を購入して遊ぶということをしてみました。ただただテレビをみるのと、応援消費という言葉が適切なのか、楽しいです。

競馬場に行かなくても、リアルタイムでやる面白さを自宅からも楽しめます。わざわざ1時間かけていかなくても...みたいな感じにもなります。

うまく訴求できれば、自宅からも楽しめるので間口も広がるので、自宅でライブを楽しめるエンタメコンテンツとしての定着する可能性は十分にあるでしょう。
「競馬だからでしょ?」
そうやって思考停止している限り発展はないですよね。いくつも大きな意思決定をしています。嘆くヒマがあったら一歩でも動くしかないと思いますし、ファンの熱狂さえあればどんな形でも環境変化に合わせて自らを変えていけるんだと思いました。
なるほど。
「近年のJRAの売上は競馬場や場外発売場などの“リアル”が3割、インターネットや電話投票による“ネット”が7割という大前提がありました」