新着Pick
2084Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
普段の仕事における「整理」といえば、デジタルデータの管理と、今年のハイライトともいえるリモートワーク、DX推進による紙のデジタル化が思い浮かびます。
そこで第2回では、みなさんのスマホに標準搭載されているのに意外と使われていない「便利すぎる」整理アプリや、プロが活用している整理ガジェットなどを紹介します。

僕もあまり使いこなせていなかったテクニックばかりでしたが、人によっては当たり前と思えるアプリやツールもあるかもしれません。ぜひコメントで、ピッカーの皆さんのデジタル整理Tipsを教えてください。

個人的にはアフターコロナで「スキャンスナップ」にスポットライトが当たる予感がするのがとても感慨深かったりします。電子ペーパーもそうですが、ガジェットでは富士通とその系列が良い仕事しています。
書類のPDF化ならフリーソフトのAdobeScanがオススメです。紙を上から撮ると影が写るけど自動で除去してくれるし、紙の枠を自動認識してくれるし、OCRの精度が抜群に良いです。単に画像をPDF化するわけではなく、補正が入るからヘタなスキャンデータより見やすい。様々なアプリからファイルを共有できるし、少量スキャンならモバイルスキャナーより良いです。
iPhone、iPad、Macを使っているので、データ連携は必須。メモはとても便利です。メールできた打ち合わせ相手の住所や電話はメールにコピペして使っています。大量のメールから当該メールを引っ張り出すのは大変ですが、メモにしてあるので簡単。住所をタップするとマップが連動してくれます。

ファイルは全く使っていなかったので、活用してみようと思います。
特集「整理の魔力」2日目は、デジタルデータの整理です。仕事効率が劇的アップ! 簡単に使えるツールやアプリ、ガジェット、その活用法と整理術を紹介します。
色々便利になってます、ホントに。ただ、個人的な能力の不足が理由かもしれませんが、まだiPadだけだと仕事は無理です。特にパワポを仕事柄多く作るので、やっぱりラップトップ必要です。
Apple製品を使っている人もいれば、Windows製品、Android製品を使っている人もいるので、機種やOS依存のツールはいまいちですよね。

そういった意味では、プラットフォームを選ばないツールが強いです。

あと、Microsoftで言えばMicrosoft365、GoogleであればG suite、Appleも今、構築中ですが、そういった環境に関係なく使えるものが最高です。

そうなると、ツール自体もクラウド、webでも動作するものに限定されますね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
iPhoneだからといって、Apple標準アプリが最も良いわけではないと思います。

私はiPhone、iPad、MacBookProの仕事環境ですが、断然Google Appの方が使いやすいですし、安定しています。

ファイル+iCloudよりは断然Google Driveの方が優れていますし、GoogleスプレッドシートはExcel Onlineよりも絶品です。

またお客様の仕事環境でM365は使いますが、スマホでの操作はイマイチですし、iCloudで利用する際のPagesとかNumbersは機能がいまひとつなのと、Keynoteはカッコいいのですが、他の環境に持っていくとフォントの問題が多発します。
(とは言え、Keynoteは好きですが…)

ちょっと偏った記事だと思います。
会社のセキュリティが厳しくて便利そうなのは軒並み使えなくて苦労してます。こういうの仕事で使えたらいいのにな。

とはいえ私用でもいろいろ勉強したりと情報を整理したい用件はまあまああるので、色々試しましたが、結局純正のアプリに回帰しつつあります。いろいろ使い分ければ確かに便利なのですが、僕は使うアプリがあまり多いと気が散るたちなので...
iOSのメモは初期に比べると随分機能が増えましたよねえ。助かる。
参考になります!
こうしたアプリケーションレイヤーを整えることも重要ですが、リモートワークの能率をアップするには、まずネットワークインフラに投資をすることが重要ですね。自宅のWifiだけでなく、個人で仕事専用Wifiを持つと圧倒的に生産性が高まります。
会社は、GoogleDrive で、個人的にはiCloud と棲み分けしてます。大量の書類をスキャンするケースはないのでスキャナーはAdobeScan ですね。このソフトも領収書の取り込みなどに便利です。
この連載について
ビジネス環境が激動し、私たちの働き方や生き方も変革を迫られている。未来に向かうためには、まず過去と現在を整理しなければならない。家の中の整理に始まり、デジタルデータの整理、思考の整理、今後淘汰される/台頭する仕事やスキルまで、あらゆるものを一挙に整理する。