新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コロナ禍で浮きぼりになった病巣は、「国民が幸せになる社会をつくる」という使命を忘れて私利私欲に走る、世襲、縁故による政治システムだ。

この政治システムの「デジタル化」をせず、公的データの改竄・捏造・廃棄や、無責任な「当たらない」答弁やご飯論法こそが病巣だ。

いままた、形式だけの「デジタル化」で手柄を上げようとするパフォーマーが暗躍する。
「デジタル化」が巨大なブラックボックス作りとならないためには、頑強な監査、監視と開示の機能が不可欠だ。

ためしに、押印廃止を、誰が、どのように決定したかの過程の証拠をチェックしてみるとよい。システム改定手順では許されない、「思いつき」や「主観的判断」による決定なのだろう。
それは、今でしょ!「前向 きに検討します」ではなく、「先ず、やってみる」、正しBPRがセットです。
#福田峰之 #デジタル社会に振り切る