新着Pick
152Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
楽天モバイルは、eSIM対応している数少ないキャリアで、その発行手数料がタダなのは素晴らしいですね。そもそも物理SIMがないのだから、タダにすべきなのですが、なかなかそうならない訳で。

デュアルSIMも3大キャリアはMVNOにデータSIMだけ流出するのを恐れてか、頑なに採用せず、海外ではデュアルSIMの機種もわざわざ埋めたりしていますね。楽天モバイルも物理SIMを埋めてeSIMのみに、しているので、どっちもどっちですが。

ここらへんのセコイ対応を止めて、消費者の利便性を優先して欲しいものです。

で、eSIM対応している機種は非常に少ないですが、SIMフリーiPhoneはデュアルSIMにも対応なので、ユーザーが楽天モバイルを試してみるのは良さそうですね!自宅や会社で本当に繋がるか心配な人が、今までの回線を維持しながら、楽天モバイルを試せますので。
この記事を読んで、簡単に出来る人もいれば、難しいと思う人もいると思います。
物理SIMカードの入れ替えるだけの単純さ、便利さも捨てがたい。
eSIMと物理SIMは併存していくと考えた方が良いのかな。
eSIMオンリーになる時が来るとしても、当分の間はeSIMと物理SIMに対応するデュアルSIM端末の方が使いやすいかもしれない。
エリア拡大スケジュールの見える化を始めてきた楽天モバイルですが、メインでなくサブでの利用も0円キャンペーンのうちに増やし、継続率が高まればいいですね。
これは非常に参考になる。先週、楽天の物理SIMからeSIMへの変更手数料が0円になったことが話題になっていましたが楽天SIMの利用で2枚づかいというのはかなりメリットが大きいと思います。
SIMフリーiPhoneのメイン回線に格安の音声SIM(ドコモ回線)、サブ回線に楽天モバイルのeSIMはあり。

楽天モバイルが使えるところは全部楽天モバイルを使うと、月額1500円以内で収まります。おかげさまでiPhone12の購入資金が捻出出来ました。シングルであれば、自宅の回線を解約しても大丈夫だと思います。

SIM交換の手数料が無料になったのも朗報です。1年間無料でお試しができますので、やらない選択肢はなくなると思いますが、これを試さない情弱が多いんですよねぇ。
米国で購入しFiで契約しているPixel4に、楽天のeSIMを入れてみようかという気になりました。

ただ、Fiの利用料金が安価なので、単に楽天分が追加になるだけかもしれませんが…笑

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
楽天モバイルアプリがiPhoneに対応してないのが惜しいな。

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、iPhone、iPad、Macintosh(Mac)、その他ウェアラブル製品や家庭向けデジタル製品、それら諸製品のソフトウェアなどを開発・販売している多国籍企業である。2007年1月9日に「アップルコンピュータ」(英語: Apple Computer)から改称した。 ウィキペディア
時価総額
254 兆円

業績