新着Pick
136Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
とってもかわいい、公共空間を使った盛大な遊び。
毎回今回はバズにのらないぞ!と思うのですが、楽しくてどうしてもみちゃいます。
p.s.
アートの価値は解釈。人々に解釈の持論を展開させ始められたらアーティストの勝ちです。その点バンクシーは本当に秀てますね
バンクシー、コロナ中もずっと意欲的ですね。

今回の作品の意図は…?と
世界中のメディアで書かれており、
バンクシーを研究している専門家が
「(コロナで色んなものが崩壊したが)壊れたものを楽しみましょう。」というところなのではないか、と言っていて、
概ねそんな感じかなと私も思いました。

自宅バスルームのネズミたちの作品もそうでしたが、
リアルな物と絵を組み合わせる、
楽しい方法ですよね。
日本人はアートについて、常に答えを探そうとする。

受け手が、感覚と直感で思ったことが、すべて正解。

「意味なんてないんじゃないか」という答えでも正解だと思う。
バンクシーは政治活動家なので何かメッセージがあると考えるのが自然ではないでしょうか。
英国は自転車発祥の地であり、労働階級の移動手段として革命を起こしました。バンクシーは傘をさすネズミなど、以前から労働者階級にスポットライトを当て、メリーポピンズを彷彿させる作品がありましたが、メリーポピンズには自転車のシーンも多くあります。自転車は女性の社会進出にも一役かったとも言われています。
個人的な考えですが、今回の少女が壊れた自転車のタイヤで遊ぶ姿は、ブレギジットなどにより英国の格付けも下がり、かつての産業大国が衰退していく姿を嘲笑う様にも見て取れるますね。

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO62310040V00C20A8000000/
バンクシーが新作をインスタに投稿しているよう。どう解釈したらいいのでしょう