新着Pick
492Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
IPOが近い会社の多くは東証への上場申請直前に株式分割を行なっています。IPO後を想定して、投資家にとり買いやすい株価へ単価を調整するためです。

ウェルスナビも8月に株式分割の公告を出しています。審査期間が2ヶ月(マザーズ想定)なら10月末か11月上旬に上場承認されるのが最速でしょう。

—-
ビジネスについては、「手数料1%でもお金を預ける人が日本にはこんなにいるんだ」ということを発見したのがすごいと思います。
(私なんかは想定顧客のペルソナに入らない)
運用実績。ホームページ見たら以下でした。

「サービス開始後のパフォーマンス
(2016年1月19日~2020年9月30日)

モデルケースはWealthNaviのサービスを開始した当初(2016年1月19日)に100万円、その翌月から毎月3万円ずつ積み立てながら投資した場合のものです。
なおWealthNaviは、お客様のリスク許容度に応じてローリスク・ローリターンの「リスク許容度1」から、ハイリスク・ハイリターンの「リスク許容度5」まで5通りの最適なポートフォリオを提供しており、パフォーマンスはリスク許容度によって異なります。

(ドル建て)
1 2.39万 2.88万 +20.6%
2 2.39万 2.98万 +24.8%
3 2.39万 3.03万 +26.9%
4 2.39万 3.09万 +29.5%
5 2.39万 3.10万 +30.1% 」

https://www.wealthnavi.com/performance


積立投資のモデルケースっていきなり100万円注ぎ込むんですね笑
手数料1%なので、いきなり1万円ゲット!
ほんまに積立投資してたら、みみっちいリターンになるんでしょうか。。

また、円安になってるからか、ドル建てリターンを強調してるけど、初心者にドル建てリターン強調するってなんでやねん笑

あと、ホームページの運用実績のグラフとかヤバすぎ。

累計リターンとか年利回りではなく、モデルケースの積立投資の「運用額」の推移を示してる。積立投資なので、もちろん右肩上がりに見えるので、情弱商売すぎ。

絶対買いたないわ。
同じビルのウェルスナビさんが上場とはめでたい!柴山さんは本当に素晴らしいお人柄なのでこのまま上手くことを願うばかりです。
ロボアドに投資するなら自分で低コストのインデックスファンドだと思いますが、資産運用を丸投げしたいニーズが根強いんでしょうね。
格安SIMがあるのに大手キャリアで契約するみたいなイメージでしょうか?

ウェルスナビに1%の手数料と組入ファンドへの信託報酬という二重の手数料が発生します。また、このご時世だと債券ファンドをポートフォリオに組み入れず、リスク許容度に応じて現金を持ってれば良いと思います。

取り敢えず、一番儲かったのはウェルスナビのロボアドに投資してる投資家ではなく、企業のウェルスナビに投資している投資家。

私の認識では、まだまだ赤字から脱していない印象ですが。
https://www.wealthnavi.com/company/notice.html
手数料1%は高いなぁと思いましたが、シンガポール(とかタイとか香港とか)の駐在員たちは手数料3%で20年程引き出せない投資型保険(実質利回り1.5%-2%)をお得だと思って購入しているので、それに比べたらまともな投資だと思います。

東証マザーズは個人投資家比率が高く、他の市場とは株価の動きが異なるのが興味深いです。
NISAとiDeCoで全米や全世界、若しくは日経のETFを買えば良い気がするけど。ちなみに「楽天・全米株式インデックス・マザーファンド」だと0.162%。

1%はなかなか強気な値付け。新しい顧客群を開拓できたのが大きかったのかな
投資に身近じゃない人もトライできるという意味で良さそう
ロボアド系では国内で頭ひとつ抜きん出た印象でした。
コメント欄を拝見すると1%のフィーが高めという説もあったりですが、新しい顧客層を開拓したということなのでしょう。
上場による効果で預かり資産をどこまで積み上げられるか注目です。
年内であれば既に東証上場審査中だと思うので、わざわざニュースにしなくても良いと思うのだが、、、
個人的には、主幹事証券がSBIと大和なのが面白い。グローバルIPOなのか国内IPOなのか。恐らく個人投資家への販売比率が高くなるのだろう。2社でどのようにコントロールして上場までたどり着くか注目。