新着Pick

ボーイング737MAXは安全確保、年内飛行再開も-欧州航空当局

Bloomberg
欧州航空安全庁(EASA)のエグゼクティブディレクター、パトリック・キー氏は2度の墜落事故後に運航を停止したボーイング737MAXについて、改修で年内の域内飛行に十分な安全性が確保されたことに満足していると述べた。
44Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
そもそも737MAXを最初の段階で止めたのは、中国と欧州の航空当局です。すでに欧州当局は米国での試験飛行にも同乗しており、米欧で足並みをそろえて解禁の動きを見せています。
問題は中国で、大統領選挙が終わったばかりの米国がいよいよ解禁しようとしているところで果たして足並みをそろえて解禁となるのかが注目されます。中国の航空会社にも737MAXが納入されているほか、上海の近くには737MAXの最終仕上げ工場もあって、ボーイングの売り上げを回復させるには中国市場が欠かせません。ただ中国が素直に米国の肩を持つというのもあまり信じられず、紆余曲折が予想されます。
再検証が行われた結果,737MAXは世界で最も安全な航空機になったと言えます.私自身,搭乗することに何のためらいもありません.
さて,中国です.737MAX再開に向けて,中国の航空当局,政府はどのような見返りを求めてくるでしょうか.航空分野以外にも波及があるでしょうか.それは何か,注意深く見ていきましょう.
737MAXの年内運航再開。実現に近づいているのかも知れません。
ボーイング(英語: The Boeing Company)は、アメリカ合衆国に所在する世界最大の航空宇宙機器開発製造会社。1997年にマクドネル・ダグラス社を買収したため、現在アメリカで唯一の大型旅客機メーカーであり、ヨーロッパのエアバス社と世界市場を二分する巨大企業である。また旅客機だけでなく、軍用機、ミサイル、宇宙船や宇宙機器などの研究開発、設計製造を行う。 ウィキペディア