新着Pick
60Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
下記部分が象徴的。ひたすらに電池の重量密度が上がることが重要。
あと形態としては絶対に水平移動は揚力を活用する形になる。電池含めて重いので、揚力を活用しなければ燃費(電費)が悪くなり航続距離が伸びない。
多くの会社が2020年代半ばを目指していると思うが、個人的には期待のピークだと思っている。一回減衰したあとに、EV含めて電池が進化し、またコストが安くなって現実論が出てくるか。そしてそういう期待と失望があるので、その間に生き残れる資本体力は重要。

『同社のホームページによれば、搭載バッテリー重量は約1トン。使用可能容量は143kWhとなっている。このうち80kWhは水平飛行に、26kWhは離発着のホバリングに消費される。緊急時のリザーブ容量は残りの37kWh。』
空の道をどう整備していくのか。ARで道的なものを描くのがいいのかな?
進んでますかねぇ、地上走るヒコウキも