新着Pick
181Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これから先、長く経験を持つ方々の経験をマキシマイズするこういったアクションはとても期待したいです。まだまだ日本にはネットの前にデジタル化すら遠い業界は多いと思われNECで経験を積んだ方々が広い業界でDXを促進することになることに期待ですね
管理職や経営者に向いていなくても現場に投入したら存在感を発揮する人、というのはたくさんいます。大企業だとどうしても微妙になりがちですし、働かなくてもそこそこ給料をもらえてしまう。本人にとってもいい仕組みだと思う。
高齢者雇用安定法が改訂され、65歳定年時代がやってきます。
現在はほとんどの会社が「60歳定年→再雇用(給与は半減)」ですが、今後は60歳時点の給与がほぼ維持されます。

45才で出世の勝負はつきますが、その後20年間も会社生活は続きます。
55才で役職定年になってもまだ10年あります。
そんな中で、NECと同じようなことを考える会社も多いと思います。
しかし実態としては、そんな人に来てもらうより若い人を採用したいという会社が大半だろうと思います。
結果的には受け入れ先がなくなり、自社内で仕事を探すという羽目になりそうな気がします。

最近、30代の会社員の方を対象とした調査をやりましたが、役職定年や再雇用といったシニア社員への辛辣すぎる意見の多さは予想以上でした。
特に「昔話」の多いシニア社員ほど嫌われます。過去の経験など使えないどころか邪魔になるケースも多いです。

シニア社員自身の意識改革も必要です。
特に求められるのは年下部下や若者を助ける「フォロワーシップ」ですね。
自分の意見を押し付けず、組織の円滑油のような存在になれれば居場所はあります。

それが嫌なら会社を出て居場所を見つける方法もあります。地方企業やNPOなどが候補になるでしょう。
ただし(大企業にいた人であれば)収入は半分以下になってもいいという覚悟があればですが…。
これは、会社が斡旋するものではないと思います。

優秀で、求められる人材は、市場からのニーズにより、値がついて、売れるので、会社を作って、売り場に並べないと売れない人材だと、最悪の場合、大企業病の老害人材をばらまくことにもなりませんか?

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
IT技術者に関しては、
2025年の崖と称して、経産省が警鐘を鳴らしている通り、2025年にはIT技術者が国内で43万人不足すると予想されています。

また、世の中ではDXと称した変革が必要不可避になっている状況ですが、中堅企業以下には一人情シスと言われるように、IT技術者が事実上存在しない企業がたくさんあり、競争力をそいでいます。

NECのシニアな技術者がその要求にこたえられれば、社会価値の高い取り組みと言えます。本人も派遣先も正にWin-Winです。募集が驚くほど押し寄せ、高給で派遣されることを期待します。
「人材派遣などを担う会社を新設し、定年後もグループ内や顧客企業で現役時代の知見を生かした仕事を続けられるようにする」
なるほど、想像したより狭い範囲への派遣に限られる印象。
定年後は地元に帰るという人もいらっしゃると思います。地方でもマッチングできたらいいのにな。
日本電気株式会社(にっぽんでんき、英語: NEC Corporation、略称:NEC(エヌ・イー・シー)、旧・英社名 Nippon Electric Company, Limited の略)は、東京都港区芝5丁目に本社を置く住友グループの電機メーカー。 ウィキペディア
時価総額
1.61 兆円

業績