新着Pick
147Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
原理的には一般的なレンチキュラータイプのディスプレイ+視線追跡というように見えるので,視線追跡の高速性とかそのあたりがポイントなのかな.視線を計測し,その眼の三次元位置に適した映像を計算し,リアルタイムにディスプレイに出す必要があるので,そのあたりの処理の高速化でかなり見え方が向上するのは想像できます.あと発表を見る限り,レンズの位置合わせをしっかりやった,というようなことを書いてあるので,ディスプレイのピクセルに対して,レンズの位置を精密に合わせてあるということでしょうか.

筑波大の掛谷先生が同じような方式の裸眼立体視ディスプレイを研究していて,それは見たことがありますが,非常にきれいに見える印象でした.それに比べてどんな感じなのか興味があります.
よくある視線追跡型の映像を、3Dディスプレイに応用したもの。

顔の位置情報を使って、映像を変更してるので、今までの3Dディスプレイと違って、全方向に映像を出さないので効率がいい。

欠点は、二人以上では使えないこと
記事にもプレスリリースにも書いてないですが、ライトフィールドディスプレイですね。
9月30日付けでソニーの公式サイトに、開発者による技術解説、今後の展開が書かれている。こちらも参考になると思います。

型番のELFは、Eye-sensing Light Field Display(ELFD)の頭文字。
商品名の空間再現ディスプレイ(Spatial Reality Display)は、分かりやすさを重視したのでしょうか。「ライトフィールドディスプレイ」だと伝わりにくいとは思うので。
あまり関係ないですが、型番をSRDにしないで、ELFにした理由が気になります。元々の略称でもあるけど、開発者側の考えみたいなのもあるのかな。

『Sony Japan | テクノロジー | Stories | 3Dクリエイターの想いを、そのままお客さまへ -』
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/technology/stories/LFD/

JDIも開発キットとして、5.5インチのライトフィールドディスプレイを販売している。
見え方としてはどちらが優れているのだろう。
ハードウェア開発の場では、VR等と同じように、大きさや質感が3Dでリアルに分かるのは良いですね。原理的に同時に複数の人が使う事はどうやっても出来ないと思いますが、需要は2Bを中心にあると考えているのでしょう。早く見てみたいです。
良くも悪くもSONYの製品ですね。

良いところは「すばらしい技術」です。SONYらしい、独自の考え方と技術は、本当にすばらしい。

ダメなところは「相変わらずのプロダクト・アウト」と「一人だけしか使えない」というところではないでしょうか?

ターゲットにしているペルソナが、限定的すぎると思いますし、その人たちがチームで検討する際には、複数視点対応が必要ですが、この原理だと対応できないように感じます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
このタイトル男性の73%くらいはソニーが3Dで裸を立体視する技術というようにインプットされてきたのを理性で補正したのではないでしょうか。

業績