新着Pick
64Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
文科省はかなり強くハイブリッド型授業を推奨しているため、その方針に則った対応ではあります。

まず、コロナの感染状況に著しい地域差があるので、感染者が少ない地域はこれまで通り対面授業にすれば良いと思います。
ただ首都圏など感染者多い地域では一律に対面授業を増やすことが適切なのか議論の余地があると思います。

オンラインを前提としつつ、対面で会う機会も時々設けるくらいがちょうど良いんじゃないでしょうか。新しい生活様式と言うなら元通りに戻すことをゴールにしてはいけません。特にコロナ終息前の今は。

補記:大学側がオンラインを優先するのは楽だからという指摘もあるようですが、これまでと違う教材を作ったり、ソフトや機材の調整、追加で発生する学生のフォローなどオンライン化で負担はむしろ増大しています。対面授業をやらないのは、感染リスクの問題が大きいんじゃないでしょうか?
大学名を公表するというのが最適な手段なんだろうか…。Naming and shamingというのは結構ハードな制裁なのだが…。
まず前提として,今まで通りの対面でやれるのであれば,講義をする側としては最も変更点が少なく実施できるので,消毒等の手間を除けばそちらの方が圧倒的に楽だと思っています.

ただ,対面にしますとなったときに,危険だから大学に行きたくないという学生がいた場合,それを切り捨てるわけにはいきません.ゆえに,対面でやるとしたら必然的にハイブリッド化を前提にしなければなりません.
個人的にはこのハイブリッドが,最も講義の質を悪くしてしまう気がしています.オンラインの講義であれば,マイクの前で止まって話していればいいですし,学生の質問も一元的に受けることが出来ます.一方オンサイトで学生に話しながらそれを中継するような場合には,音声の質が下がったり,学生側からの質問がオンラインでは聞こえにくかったり,板書が見えにくかったりということが起こってしまいます.全員オンラインの会議と,一部の人が会議室に実際に集まっている会議とで,音質が全く変わってしまうあの状況になってしまうと思うのです.

私のまわりでは今学期から,実際に登校しないと出来ないような実験関係はオンサイトで実施するようになってきています.一方で,感染にケアしながら研究室を順番に回って,教員と雑談できるような機会も増やすようにしています.これまで授業のときに出来ていたようなコミュニケーション部分を切り離して実施しているような形です.
この状況下では,今までと同じ形で学生同士や学生と教員との関係性を構築することが必ずしも正解ではないと思うので,対面授業であるかどうかで対応の成否を評価するというのは,ちょっと乱暴かなと個人的には思います.
もしそれでも対面講義を推奨するのであれば,どの程度の感染状況までを許容範囲とするかを明確に示してほしいところです.どれだけ対策をしていようとも感染が発生してしまうのは避けようがないので.
どちらかというとオンライン教育を推奨してほしいが。

「対面授業からオンライン教育に移行すると質が低下する」と言っている方々は完全に思考停止していると思う。

そもそも三か月くらいチャレンジしたくらいで理想のオンライン教育が実現すると思わないでほしいですね。

教育での指導実践だって、教員は10年20年かけて実践力を身に着けていくわけですし。

これ、大学名を公表してどうしたいんだろう?先進的な教育にチャレンジしている人たちの邪魔をしたいのかな?
対面授業を敢えてやらないというのは、どうしてでしょう?

その方が、教員や職員の負担が少なくて設備の維持費等も安く抑えられるからでしょうか?

そのような理由だとしたら言語道断です。

一般家庭にとっては、本当に高額な学費を納めているのですから。
対面講義で後期やっておりますが、マスク+フェイスシールドで講義し、講義後は机など消毒。。。負担感あります。
オンラインのほうが感染リスクないかと思います。

日大の寮で感染者出てますが、遠隔講義で体育会のクラブも自主練習、寮含めて感染対策もされていたようです。それでも発生する。。。

大学生の行動範囲は広く、感染対策していないところまで行くこともありますので、教室講義ならば感染リスクは高まりますよ、としか言えません。
良いのではないでしょうか。ただしここまで言うからには、それによるクラスター発生に関しては、各大学ではなく文科省に尻拭いをしていただきたい。

私には多くの教員の友人もいますが、皆、オンライン授業が限界になりつつあります。対面と比較しても負荷はかなり大きい。設計段階からオンラインであればまだしも、元々対面のものをオンライン化しているので、対面と同等の価値を出すのが難しく、それを補うために試行錯誤しながら、一日3コマ、4コマ授業をした後には、精魂尽き果てているような状態をよく聞きます。

なので、まるでブラック企業の炙り出しのように大学名を晒すならば、遠慮なく対面を再開したら良いでしょう。コロナの懸念がなければ、誰もオンラインなど望んではいません。

対面化するのであれば、当然全員が対面授業を受けられる環境を整えるべきでしょう。そのために文科省も全力を尽くすべきです。日本に戻れていない留学生は一刻も早く日本に入国できるように全力を尽くしていただきたい。

加えて、コロナ陽性者が出た場合のガイドラインもお願いしたい。小学校、中学校や高校が再開できるのは規模が数千人規模までだということ、クラスが存在するので陽性者が発生した場合でも濃厚接触者の範囲を絞って学級閉鎖などに落とし込みやすいことがあります。大学の場合は数万人規模もあるので中高の約10倍。毎日誰かがPCR検査対象になるはずです。そして陽性者が出た際には、どこまでを囲い込むのか。クラスはありません。都度休校処置をとっていては授業が成り立たなくなるので、陽性者が発生しても継続する形を国には示していただきたい。

私の学園の大学は、6月から対面を再開させましたが、それは地方であることや留学生が少ないこと、教室に余力があったことなど、条件が揃ったからでした。どこでも再開できる条件が現時点で整っているとは私は思えませんが、文科省は整ったとの判断なのでしょう。

世の中的には大学は手を抜くためにオンラインのままだと思われている。そして文科省も同様に考えているならば、現在の努力は本当にアホらしいので各大学とも再開させることを勧めます。