新着Pick
134Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
国管理の空港使用料の45%減額は、搭乗者が大幅に減少している現状、大変ありがたいと思います。
#スカイマークは、ユニクロを目指す
せっかくなので、空港使用料の国際比較、空港運営の効率を見直して、DX推進を加味して、恒常的に料率を下げることができないのか。データを勉強したいところ。
空港使用料は、主に着陸料、停留料、そして保安料からなります。年間でおよそ1000億円弱の規模があり、45%減額となるとJALやANAではおよそ年間400億円程度の収支改善効果ということになります。

また日本の航空関連予算としては空港使用料のほかに航空機燃油税の大半、また航行援助施設利用料があり、総額でおよそ3000億円程度の収入が、その他の財政投融資や一般財源と合わせておよそ5000億円弱の空港整備特別会計をなしています。

日本の空港関連の費用として着陸料が高いということがよく言われますが、旅客一人当たりの費用に置き換えれば、他国では旅客が直接空港に支払う空港利用税などの費用があり(結局チケットの料金に加算されて一緒に徴収されますが)、一概に日本の空港の使用料がけた外れに高額だというわけではありません。
ただし航空機燃油税という区分は海外には存在せず、日本の航空会社が日本で給油する限りにおいては足かせのように支払わされる費用となっています。海外の航空会社との競争にもさらされているわけですので、日本の航空会社に一方的に不利になるような航空政策はこの機会に見直して頂ければと存じます。
また、航行援助施設利用料も、日本に離着陸せず通過していく場合よりも国内を離着陸する場合のほうが、交通量に比べてより高額な費用負担となっている点も指摘されており、この点についても改善の余地がありそうです。

日本の航空会社の営業費用に対し、こうした公租公課が占める割合はおおむね10%強です。少しでも減額していただければ、それだけ航空会社としての競争力は上がります。米国では3%弱、欧州でも7~8%とされているので、この水準に引き下げていただきたいところです。
妥当な判断だと思う。先に発表された金融機関によるANAなどへの支援と一体をなすものと考えるべきで、コロナ禍による影響を大きく受ける航空産業を支援して残そうとする強い意志が感じられる。
底を打ち上昇に転じつつあるところでの使用料減ですから、金額でみると、底にある時より大きいでしょうね。
一時期、羽田空港と成田空港の国際競争力が低下している…に関連して、空港使用料が高過ぎることが議論に上がっていましたが、国内線に関しては、相場と比較してどうなのでしょうか?

空港使用料については、免除とかしないのかな?と思っていました。地方の都道府県が管理する空港だと路線維持の為に補助金を出すことも必要になるかもしれません。

国際線もゆっくりですが再開に向けて動き出しているようです。航空会社には頑張って欲しいです。
4月の緊急事態宣言から遡ってあげてもいいくらい。
既に航空会社は大幅なコストカットを実施中ですので、空港使用料の減額はありがたいでしょう。できれば恒常化してもらいたい。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア