新着Pick
The Wall Street Journal

この記事は有料会員限定の記事となります。

148Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「差別の経済学」による給与格差の是正についても、このようなある程度の経営層からの強制力が必要なのかもしれません。

日本ですと、男女間賃金格差がG7の中で最下位だという点が指摘されています(格差は日本:24.5%、アメリカ:18.2%、イタリア:5.6%)。

「差別の経済学」は、賃金に差が出る合理的な理由をすべて取り除き、それでもまだ格差があるなら「そこに差別があるのではないか」と考えていくものです。その中で「統計的差別」という考え方があります。これはその人が所属するグループが、過去にある行動をとったため、その人も同じ行動をとるだろうと統計的に予測することが生む差別です。

一般企業でもよくある話で、男女の賃金が30代以降に差が開いていく背景には、女性はどうせ辞めてしまうだろうという予測にもとづき、育成コストを多くかけてもらえないという統計的差別も働いている可能性があります(実際に30代の離職率は女性の方が高い)。

加えて、プロセス型評価(長時間働いている方が評価される等)も、女性の評価が低くされがちな一因でもあるかと思います。体力的な問題もありますし、家事・育児によって長時間労働が困難である現状もあります。

コロナの影響によって、プロセス型評価からの転換も進むと思っていますし、こういった企業の潮流も併せて、給与格差が是正されていくことを期待します。
トランプ政権が国と取引のある業者にはダイバーシティがらみの数値目標を掲げることを避けるように指導しており(executive order)、取引業者であるスタバの宣言はその点も含めると本当にすごい。スタバは結構昔からからアルバイトに医療保険をだすなど(アメリカでは保険料がバカ高い)、当時の投資家が驚くようなことをやってきたので、「スタバらしい」と言えると思います。WSJによると、COOは(経営陣のバイアスをなくすトレーニングと合わせ) “They aren’t slam dunks” “They are going to take some work.” と認識しており、あたりまえですが実行こそが重要だと結構気合入っているように見えます。

https://www.wsj.com/articles/starbucks-ties-executive-pay-to-2025-diversity-targets-11602680401?mod=hp_lead_pos2
【スターバックス関連】
アルバイトパートナーとして2年ほど働いてましたが、色々と先をいってて勉強になる会社です。

___
役員報酬を職場でのマイノリティー(民族的少数派)の増加と連動させる
こうした取り組みをこれだけの規模の全社で実行するのは凄いことだと思います。
制度づくりに関しても他社比較するものがないし、正解がない中ではトップの信念でしかないし、マネジメント層がが共感していないと進まないことなので本当に凄いことだと思います。
多様性の重要性って、やってみないと実感できないんですよね。なので、日本の企業はなかなか進まないのが実態です。数値目標ありきは良くない、といった議論が良くありますが、経営の意思を示すためには目標数値を置くことは大切だと思います。
企業が本気でダイバーシティーに向き合うという意味では、先進的な取り組み事例になりますね。
逆に、役員が本気にならなければマイノリティーは増加しないという実態が浮き彫りになってしまっていますが。
こうした活動で、コーヒーを飲む体験価値が上がるのが、現代。
こういう見えない価値をコーヒーにブランド化するところが、スタバの凄いところだと感じます。

私は残念ながらスタバのコーヒーが好きではないのですが、嫌いではないです。嫌いにならない理由に、こういう見えない非コーヒーのブランド価値が貢献していると感じます。
自社のマネジメント達に向けたメッセージかもしれませんね。無意識のバイアスがあることを認識した取組みとしたら、凄いですね…。サードプレイスとしての心地良い空間を創出し、提供することがスターバックスの"価値"であり、それを理解していることに人種やバックグランドが異なることは全く関係無い…。スターバックスの本気度が伺えますね。コーヒーを愛する人に人種に対する偏見を持った人は不要です。
スターバックスが従業員の多様性を確保するために役員報酬の基準にルールを設定。経営層の意識が変わってくることは極めて重要なことだと思います。
ーー
2025年までに米事務部門で従業員の30%以上、米小売りおよび製造部門で40%以上を有色人種にすることを目指す。
スターバックス(英語: Starbucks Corporation、ナスダック: SBUX)とは、1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店で、シアトル系コーヒーの元祖である。 ウィキペディア
時価総額
12.7 兆円

業績