新着Pick
117Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事に記載されているような規則が遵守されていれば、感染対策上は問題ないと思いますが、個々のケースに当てはめると、この記載は比較的難しいタスクとなるようにも思います。

「濃厚接触者となった受験生に対し、公共交通機関を利用せず、人が密集する場所を避けて試験会場に行くことも求める。」
直前に問題になるより先んじて方針を示したことは良いことだと思います。
私なら直前2週間は外出自粛してただろうな。濃厚接触するリスクあるわけなので。外出自粛をする場合、学校が受け入れてくれるかが心配です。センター直前も模試のために毎日登校必須にするようなことは、成績を上げる観点でもあまり意味ないと思うんですよねぇ。
公平性の観点でとても大切ですね。ただ、、、「まだ...集まって...試験...やっているんですか...???」という感じでしょうか。

一発勝負の現行の入試システムはフェアじゃないし、災害、天候、コロナ等に大きな影響を受けています。年を通して何度か受験できるシステムにするべきでは。うまくデジタルも活用したいですね。
ポイントは陽性だと試験が受けられないことですね。
今のPCR検査では正確に判定できないので、無症状の陽性受験者にはなんらかの対応が必要だと思います。
このままだと発熱があっても検査をしないで受験する受験生が増えそうです。
別室受験を認めたことはよかったですが、公共交通機関を使わない…という点で、差が生まれそうです。
そもそも、受験生が「濃厚接触者」であるか否かをしっかり区別できるのでしょうか?

たまたまクラスターが発見されて濃厚接触者と扱われる受験生もいれば、知らない間に濃厚接触者になっている受験生もいるでしょう。

このような不公平は絶対に許すべきではありません。

そういう意味で、今回の判断は正しいと考えます。
感染しているかもしれないことを隠して受験するケースが出ないかのほうが心配です。しかも、それをSNSで(以下、自己規制)

多分、学校や予備校も対策を施して、受験前2週間は外出を控え、家族以外は誰とも会わないように、というアドバイスをすると思っていますが。最後の追い込みはオンラインで。
こういう取り組みこそ「知恵の蓄積」によって生み出されるものだと思う。正しく恐れることが大事だと改めて思う。
受験生にとって、当然ながら受験はなによりも大切なことなので、色々と救済措置など準備してあげてほしい。

でなければ、誰も検査を受けることに同意しないでしょう。