新着Pick
16Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「米国が長年の紛争の解決策を見つけるため協議を強化する」とのことですが、今の状況下で“補助金”を止められるとも思えませんし、国営企業への中国政府の政府補助金を問題にする米欧が、WTOの次期事務局長に中国が力を入れるアフリカ勢か中国・北朝鮮を向く事の多い韓国勢が就任しようかというこの時期に、“国策会社”と見えなくもない重要企業を巡ってこういう争いをしているようでは、WTOの大国への調整力は更に落ちて行きそうですね・・・ (@_@。
バイデン候補が大統領になれば、こうした構図は少なくとも和らぐと見ています。
EUとアメリカとの間の通商対立は、航空機だけの話ではない。WTOは、昨年、アメリカが75億ドル近くのEUの商品とサービスに対して制裁を科すことを認めた。その一方で、WTOは、13日(火)、EUが毎年約40億ドルのアメリカ製品に関税制裁を課すことも認めた。
EUは今回、米国からの輸入品とサービスに計39億9000万ドル(約4200億円)相当の関税を課すことが認められたとのこと。
ボーイング(英語: The Boeing Company)は、アメリカ合衆国に所在する世界最大の航空宇宙機器開発製造会社。1997年にマクドネル・ダグラス社を買収したため、現在アメリカで唯一の大型旅客機メーカーであり、ヨーロッパのエアバス社と世界市場を二分する巨大企業である。また旅客機だけでなく、軍用機、ミサイル、宇宙船や宇宙機器などの研究開発、設計製造を行う。 ウィキペディア