新着Pick
345Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
嶋さんが「辺境」にいた頃に遊んでもらいました。
本をたくさん出されていますが、PR文脈では、松井剛さんとの共著『欲望する「ことば」 「社会記号」とマーケティング』をおすすめします。
ブームとなるような、「ことば」について考えさせてくれる本です。
https://shinsho.shueisha.co.jp/kikan/0911-b/
昨夜、ドキュメンタリー番組が放映された三浦さんと嶋浩一郎さんの記事。
三浦さんと接していて、組織をどう率いていくかを考えているかを感じるし、チームのメンバーに対してケアを大事にしているなと感じることがよくあります。選手兼監督的な立場で選手としての我が強い意見とチーム全体を見ての視点で大変だろうと感じることはあるのですが、今は選手兼監督として大活躍しています。選手でありながら、チームとして、業界としての視点を持てることはトップの条件の様な気がします。

三浦さんは一発逆転という言葉を使うのですが、不利な状況や理不尽なことがあったとしても、勝てばひっくり返るところに平等を感じているのではないかと思います。僕が格闘技に魅力を感じるのは力で劣ろうと不利な状況であろうと技を極めたら勝ちに平等を感じるからです。

嫉妬とリスペクトのある関係。大事にしていこう。
ドキュメンタリーでは、ほんの一部しか紹介できなかった、GO三浦さんと嶋浩一郎さんの師弟対談。師弟関係っていいですね。クリエイティブの世界に限らず、今後、師弟関係がますます大切になる気がします。

【密着取材】革命児か道化師か。GO三浦崇宏の正体に迫る。
https://newspicks.com/movie-series/42?movieId=906
面白かったです。毎回のFB投稿がタメになり過ぎる嶋さんと、ひょんなことから最近コンタクトができたGO三浦さん、しかも対談場所がかの「赤い部屋」だというw 読んで思ったのですが「PR的発想」は人事/組織戦略にも役立ちますね。というか、ほとんどそのもののような気もする。人事施策や組織造りはまさにメッセージであり、コミュニケーション。何を伝えどのような価値を生みたいのか、感じて欲しいのか。本質はそこだと思っています。

これ、もうこれで終わりなんですかね。続編に期待します!
「コミュニケーションというのは、少しのチューンで大きく変わる」などとっても参考になる点がたくさんある一方で、PRと広告の本質的な違いが今一つはっきりせず(どちらが上位かとかではなく視点とか、発想面)ちょっと残念でした。
三浦くんは優しさとあざとさと両方あるから素敵
今日からアドバタイジングウィークがオンラインで始まります。嶋さんなどのパネルもあり、不肖私も参加するパネルもあり、ご興味おありの方は覗いてみてください。
”PRとは、世の中に「新しい合意形成を作る仕事」”
「市場がどうなるか」のマーケティングはある意味虫の目で、「世論がどうなるか」のPRは鳥の目であるということなのでしょうが、やはり戦略の本質はシンセンス(総合)と言われる通り、両方できるからこそ、最高のものが作れるのでしょうね。
この連載について
NewsPicksからの特別なお知らせ
株式会社博報堂DYホールディングス(はくほうどうディーワイホールディングス、Hakuhodo DY Holdings Incorporated)は、東京都港区に本社を置く、広告代理店の持株会社。 ウィキペディア
時価総額
7,129 億円

業績