新着Pick
232Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
楽天トラベルがいち早く、割引額を3,500円に変えたので、じゃらんや一休もすぐ追随しました。
なぜなら、楽天のユーザーが、じゃらんと、一休に一気に雪崩れ込んでくるから、さらに、予約が集中してしまうので、すぐに、財源が足りなくなるからです。

今回、政府が、追加供給を決めたことで、大手のOTAは、また一瞬で35%割引、最大1万4000円に、横並びで戻すでしょう。


これ、ライバルに遅れをとったら、予約もってかれてしまいますからね。(^◇^;)
1日も遅れられません。1日で十万件単位の予約を扱うのが彼らです。
数時間遅れるのすら痛い。

そして、割引額3,500円で予約をとってしまったユーザーは、
一斉にキャンセルし、一斉に再予約でしょうね。

GOTO狂乱のダンス…
政府も旅行会社もユーザーもサーバーも踊る…

頑張りましょう。
朝も書いたけど加筆しつつ整理。

結論から言うと、問題ないし仕方ないと思う派。相当難易度の高いプロジェクトQCDを短期に回した中、エラー最小x効果最大を作り切った素晴らしい施策だと思うのだ。

総予算がある中でGoToの上限が各社あるのは当たり前。前年流通額など勘案して配布しないとむしろ不公平だし、全体予算使い切る前に上限くるのはむしろ適切なオペレーションであり、ホテル側からしたら自社サイト経由の予約にもつながるし、意外とちゃんとしてると思うのですよ。

が、急な割引停止や縮小は混乱を生む結果になったのはよろしくないので、改善すれば良い。と思ってたら、予想より早すぎるスピード改善に驚いている。政府は本当に言葉だけでなく、スタートアップのような勢いで頑張ろうとしているのかもしれない。と、私はますます期待するようになりました。

観光客が増えても文句、GoToで渋滞とか人増えすぎて困惑とか。減っても文句、人が来ないとか、設計がちゃんとしてないとか、コロナ平気だろとかとか。そろそろ社会の側の余計なノイズを減らし、制度を有効に使えるための議論をしたほうが良いと思う派。

追記
Reluxチームのみんなもテレビにたくさんでまくってて、大手4強OTAの一角になり始めてて陰ながら嬉しかった。笑 たまにいまだにスキップされるけど、実績がすべて。
そもそも、旅行会社の判断で国が定めた「割引額」や「利用回数」を変えてしまったことに問題があるのではないでしょうか?

予算が足りなくなれば、まず国と折衝すべきでしょう。

それをやらずに、利用者のメリットを一方的に変えてしまったことには、どうも納得がいきません。
何度でも書きますが、このキャンペーンの破壊力は凄まじいと思います。単純に35%割り引かれるのも凄いですが、飛行機と宿泊のセット料金で値下げしていますので体感値は半額くらい。
さらに地域クーポンも15%「勝手に」ついてきますので、必ず現地でお金を落とします。大盤振る舞いです。1番影響受けるのは空港のお土産物やとコンビニだと思います。地域クーポン使い忘れに気づくのが空港だからです。
これを機会に空港の近くに屋台でも出したらどうでしょうか。お釣り出ませんので多少高く設定しても買います。
実態読めないですからね。。


賛否両論ありますが、スピードある意思決定だとおもいます。
GOTO関連の制度設計には問題があると言わざるを得ません。
GOTOイートの「差額ポイント稼ぎ」も容易に想定出来る事態でした。トラベルも「国、県、市町等の関連施策と併用可能」としていたからこそ、ならば!と、旅行代理店は頑張って販売していました。にも関わらず突然の補助上限金額を後出しジャンケンで設定。
私に連絡を下さったある会社の社長(中小の旅行代理店を経営)は、これから販売する分は割引する額を縮小出来たとしても、既に販売してしまった分については損失補填が必要で、うちみたいな小さな会社は倒産するしかない、と嘆いていらっしゃいました。

これらの混乱。「時間がないから仕方なかった」のではありません。もちろん官僚やスタッフが悪いわけでもありません。

永田町や霞ヶ関には、オープンに議論し、瑕疵を指摘してもらう仕組みがないことに起因していると思います。

基、GOTO●●の、●●は誰が何処で決めているのでしょうか。
倒産件数でいえば飲食店、ホテル旅館に次いで多いのはアパレル小売店です。
であれば次はGOTOファッション?

施策の目的と効果見通し、KPI、優先順位の開示がないのは本当に疑問です。
予算が無くなる時にまた同じ事が起きる。
今はまだ、追加できる予算があるから場当たり的な対策で凌げるが、国の予算がなくなるとき、各事業社の予算終了はバラバラになる訳で。
その時にどう対応するのか、心配。

マスコミに出てる観光関係で発言している一部のいい加減な人達の情報で更にお客、旅行会社、ホテルは混乱してる。
きちんと調べて発信してもらいたいもんだ。
GoTo開始当初から「予算枠がなくなるようなら追加申請可能」と事務局説明がなされていましたし、当然主要OTAが追加申請せずに予約を減らすことに直結する利用制限を行ったとは考えにくいのですが。
この辺りはとてもモヤモヤします。

とは言え、無事に利用制限がなくなったとのことでホッとしています。
宿泊施設側からすれば振り回されたと感じる方も多いようですが。
これは当たり前の対応。そもそも予算配分ではなく実績配分すべき制度設計ができてないのが問題。
旅行会社によって上限ができるとか誰も納得してなかったでしょ。
GoToの利用意向は若い世代の方が比較的多いらしいですし、webサービス型の旅行業者に集中するのは当然のような気もします。予算上限に近づいた際のオペレーションについて十分に検討できていなかったのでしょうかね。。

個人的には、3500円割引に変わるならもういいやーと思っていたところに素早く対応いただけて大変ありがたいです。割引額が戻ったらすぐ予約したい。