新着Pick

J&Jのコロナワクチン臨床試験中断、参加者が原因不明の病気

Bloomberg
米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が進めている新型コロナウイルスワクチン研究が一時的に中断された。同社は臨床試験参加者の原因不明の病気が理由だと説明した。
181Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
過剰反応にならないように注意する必要があるニュースです。

臨床試験の期間に被験者に健康上の問題がおこった場合、それらほとんど全てが「副作用」として捉えられます。大規模な人数を長期間観察しているため、ワクチン接種の有無に関わらず何かしらの病気を患うことは十分考えられます。最終的にはそれら全てを集計し、プラセボ(偽薬)を投与したグループと比較して「副作用」が多くみられたかどうかで安全性を判断します。因果関係を証明するためにはこの手順を踏む必要があり、これが第3相試験の目的の1つでもあります。

臨床試験が一時中断するというのは、モニタリングシステムが健全に機能していることの証明でもあります。現時点では悲観的になる必要は全くないと思います。
ここで強調しておきたいのは、このような事象は、現在販売され、広く普及している多くの薬やワクチンの開発過程でも経験されてきたことだという点です。これは、決して稀なことではありません。

詳細が公表されていないので分かりませんが、6万人もの参加者を動員していますから、因果関係は現在のところ不明なものの、まれな副作用が出現したり、被験者がワクチンと関連のない病気を試験中に発症することもあります。

このような報道がその注目度の高さから次々と多くの方に共有されることで、まるでコロナウイルスのワクチンが他よりも副作用の多いものであると誤解され、いざワクチンが確立された際に、不要な恐怖を生まないかという懸念があります。

医学の世界にゼロリスクはありません。ベネフィットとリスクを天秤にかけ、前者が後者を大きく上回る時に、初めて形になり、販売されます。

このような中断は、その正当な過程の一部です。もちろん因果関係が明確になり、危険性が高いと判断されれば生産は中止されるべきです。しかし、注目度の高さからこのように不明確な情報までもが大きく報道されやすく、バイアスがかかりやすいという点についても理解しておく必要があります。
やはりワクチン開発は最終段階になるとこのように何度か足踏みになるのですね。
期待はしていますが、安全性の確保が大切だと思います。
今季強く待ちましょう!

そういえば、トランプ氏はワクチン!ワクチン!と叫ばなくなりました。自身が治癒したので、治療があれば良いと判断を変えたのでしょうか?アメリカで罹患者全員がトランプ氏並みの治療は受けられないと思いますが…
山田悠史さんの流石のプロコメントです。
恐怖を煽る報道にならぬよう、客観的なスタンス。
いつも有難うございます。