新着Pick
111Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最近では珍しく無くなっていますが、中国企業が中国で成功し、そこであげた莫大な利益を使って日本参入する際に巨額のマーケティング費用を投じて一気にユーザー獲得する、というやり方が見受けられます。日本参入の打ち手は一例ですが、今回の合併でも規模を大きくできる打ち手が増えるのだと思います。そういえば、最近だと日本でのゲーム動画配信プラットフォームでは、中国からdouyuが日本参入して成長してきています。
そもそもテンセントが両社とも保有していたため、自然な流れ。日本にも去年秋に参戦しているが、日本独特のコミュニティ文化と定量マーケティングの相性の悪さ、そもそもtwitchや国産のOPENRECやミラティブでさえスケールしないゲーム生配信の土壌の悪さで攻略が難しい。中国国内で獲得した資本を元に、ユーザーにとって圧倒的に魅力あるサービスを開発していけるという意味ではアドバンテージがあるので、今後の展開に期待。
これはすごい買収ですね。笑
tiktok含めて短編系のアプリもライブ機能が入ってきて、ライブ動画市場の競争は熾烈を極めています。
若干プレイヤーが多すぎるな、という印象があったので、これから生き残りをかけて各社動きが活発になり、淘汰、統合されていって3つくらいに集約されていくのではないでしょうか?
いずれゲームの世界でも中国のカントリーリスクが問題になるでしょうね。
いずれもテンセントが株式を保有する中国のゲーム動画配信プラットフォーム大手「虎牙」が、同業の「闘魚インターナショナル・ホールディングス」を買収。「時価総額110億ドル(約1兆1600億円)を超える大型プラットフォームが誕生」しています