新着Pick

習主席「大湾区」を世界テック拠点とする計画推進へ-市場に期待感

Bloomberg
中国の習近平国家主席は今週訪問する深圳で、自身の演説や香港・マカオの行政トップとの会談などで、中国南部を世界のテクノロジー拠点とする計画を進める見通しだ。
20Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国ではここ40年間、深圳などの南部の都市からまず軽工業製品がたくさん作り、全国に売りさばいた。
その後、深圳から香港、台湾の演歌、映画が全国に広げた。
今は、ハイテク製品の多くは深圳を中心に全国に広げている。
深圳の意味は非常に重要となっている。

大湾区は突然構想してできたものではなく、
それなりの基礎もある。
解放される地区が香港だけでは無くなっていき、相対的に香港の重要性が下がっていきますね。