新着Pick
1053Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
運転免許は、都道府県によってシステムが違う背景に、各警察が各自治体の所管であり、つまりは行政間のシステムの違いがあります。新型コロナの報告システムが統一されていない問題点と同じですが、日本の地方自治の歴史的な経緯もあり、長年こうした仕組みが続いていたところに課題があります。

運転免許のシステム統一により、例えば「あおり運転」などの容疑者が過去、他の都道府県でどういった交通違反をしていかなどが現場で把握しやすくなるなど、違反行為を繰り返すドライバーへの取り締まりに効力があると見られています。

一方、マイナンバーとの一体化で、個人情報の多くが紐付きます。運転免許という項目が加わることで、セキュリティの問題は一層重要になってきます。

なお今夜、河野行革担当大臣がTBS/JNN系列のニュース番組『NEWS23』にナマ出演します。一連の「デジタル化」の進ちょくや「脱ハンコ政策」などを大臣に問います。ぜひ、ご覧ください!
都道府県別に公安委員会があり、別々の運転免許システムになっているのは本当に不便です。

できる限り全国で統一するのが望ましいです。

余談ながら、都道府県の警察は縄張り意識が強く、他の県警との連携がうまく行かないケースが多いようです。

ずる賢い犯罪者は、都道府県をまたいで犯罪を行うと聞いています。
それぞれの県警が自分の情報を出さないので、捜査に支障をきたすこともあるとか…。

そろそろ、(警察以外でも)県単位での縄張り意識の改革が必要だと思います。
運転免許証の存在について、行政間でのシステムの違いもあり、長年紙での免許証の発行が続いていましたね。結婚により名字が変わっての申請、住居が変わっての申請など確かに申請手続きは大変だった記憶があります。
免許証運転免許証を紙で発行するのを廃止し、マイナンバーカードと一体化してICチップに組み込むというはデジタルトランスフォーメーションの第一歩ですね。一方で、マイナンバーカードの紛失・盗難などのセキュリティーの問題や、なりすましといった本人確認の課題を解決するには、生体認証(バイオメトリクス)が今後のキーテクノロジーとなってくると思います。
菅政権になってからの矢継ぎ早のデジタル化推進、リーダーシップに眼福です。

この勢いで住民票とかその他諸々レガシーになっているインフラ系の手続きも全てデジタル化をしていってもらいたいです。

そうしたら、もっと正確に、楽に国勢調査とかもできるようになりますし、ミスも減るし工数も減る。
メリットしかないですね。
何か隠された意図があるのではと漠然とした不安感がある。今の政権下では。

ひとまず、計画の詳細を聞いてから判断しよう。
なにせ、マイナンバーは当初、提示でよいといっておきながら、なし崩し的にマイナンバー通知書のコピーを徴求し始めた人達だから。

マイナンバーは、本来、納税、社会保障、大災害対策が目的だったのに、いつの間にか、国会での議論なしに、どんどん拡大してきた。

今回も免許証とマイナンバーカードの「全国一元化?」に早々と賛成している人がいるが、勝手に都合よく解釈してるだけでは?
相手は、公的データを改竄・捏造してきた人達なのに

それにしても、顔写真で本人確認をするのは止めて欲しい!顔つきは変わる。整形でも変わる。
なにせ、整形もしてないのに、パスポートの写真が違うと、ルーマニアのパスポートコントロールであやうく入国拒絶されそうになった経験があるから。
河野大臣、平井大臣タッグでいろんな大臣に個別折衝しどんどんデジタル化を推進しているのは本当に頼もしい。適材適所とはこのこと。規制改革推進会議もドライブかかってる。なんだできるんじゃん、というムードが官僚の間にも広がっているのがポジティブフィードバック。
当然の流れ。デジタル+クラウドの進展で、さまざまに分散したものが集約に向かう。デジタル政策は地方分権と中央集権のバランスも見直す。
https://newspicks.com/news/5261765/

再掲

大した意味の無い講習ならオンライン化は歓迎。

ゴールド免許証を持つ方の大半はペーパードライバー。
今までクルマを持たなかった方も、カーシェア型レンタカーが気軽に借りれる様になり、運転機会が増えていく可能性もあります。
ご高齢の方も多いでしょうし、そう言った方々への手当てを重視して頂きたい。
今までないスピード感ですね。
今までの政権はどんな結果を残されたかと思うほど。
社会全体の効率化との視点でデジタル化政策をどんどん推進してほしい。

運転免許証以外、マイナンバーカード、年金手帳、健康保険、印鑑証明、国税地方税都市建設税などの納税システム、電子カルテを含む医療システム。。などの統一を期待します。
菅政権発足後、次々とメスがはいっていること期待しています。
WEEKLY OCHIAIシーズン4で平井大臣も語っていましたが、これから変わっていくんだ、いよいよ動いていくんだ、と思わせてくれます。
是非一度ご視聴されるとよろしいかと思います。