新着Pick
96Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
不妊治療は、経済的負担とともに、身体への負担や、精神的負担が非常に大きいものです。医療現場が、より一層、寄り添う姿勢を深めていただくとともに、社会全体に、不妊に悩む方々への理解が浸透していくことを、期待したいと思います。

例えば「赤ちゃん、まだなの?」という何気ない一言は、ぐさりと胸に突き刺さるものですし、日常生活を送りながら、毎日注射をしなければならない、休みを取らなければならない、そしてそれをオープンにできない、といった状況は、本当につらいものです。

不妊治療は、原因や身体・経済的負担などを勘案して、段階的に「タイミング法」「人工授精」「体外受精」「顕微授精」等を行っていきますが、病院・医院ごとに治療方法や方針が異なり、また、標準的な評価方法も他の治療に比して少ないため、病院選びのための信頼できる情報を集約して提供できるようになるとよいと思います。また、不妊治療が時間とのたたかいでもある、ということを踏まえ、早い段階で、検査を受けて問題の有無を知ることや、治療を開始することの必要性についての理解も重要です。

そしてまた、不妊治療をしても必ず結果が出るわけではありません。「子どもを持たない人生」(当初からの選択であっても、結果的にであっても)についても、社会がきちんと理解をしていただきたいと思います。

なお、現在は自由診療となっている医療行為が保険適用となった場合、自己負担は原則3割になるとともに、高額療養費制度が適用されますので、一月の自己負担に限度額(※年齢や所得に応じて額は変わる)が適用されます。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/iryouhoken01/index.html
現状では「年齢や所得要件を満たした人は公費で不妊治療の助成を受けられるが、対象は体外受精と顕微授精に限られている」
保険適用化されることで、多様な所得の人が幅広く受けられるだけでも、裾野が広がると思いますが....
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア