新着Pick

アップルが自動車関連特許を多数取得 「Apple Car」は開発順調か

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
155Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
自動車関連の特許を取得し続けているというのは興味深い。今年はCESでソニーがEVのコンセプトモデルを発表。年内にも公道テストを実施できるものが出てくると言われていますが、アップルの動向も気になります。発表されれば大きな話題になることは間違いないでしょう。
Mobilityの概念を刷新するAppleのコンセプト提案に期待

一方、日本の自動車産業の今後が心配。iPhoneが出た時、携帯メーカは「既存のパーツ・要素技術の寄せ集め」と言っていたが、ユーザ体験・デザイン・ブランドで匹敵するもの出せずにやられた
Appleが納得できる車作りが出来るかというとかなり難しいのでは。車道で自動運転車を走らせてるのもデータ取りがメインかなあとも思う。一時期は本当に作るつもりだったかもしれないが、おそらくは頓挫してる。
CASEで望む 目立つ領域は「UX」でしょう。AppleはUXの天才集団。 今、Appleの CarPlayと その他の類似を簡単に比較するだけでも、AppleのUXが 一枚どころか、相当上手(うわて)なのがわかります。

しかも、Appleは一枚のハンデも抜きません。常に全力どころか、局面の駒は他社より多いかもしれません。特許も駒の一つ。開発フィロソフィーの駒、開発体制の駒、戦略の駒、ブランドの駒。UXを良くするAIやビッグデータ、アルゴリズムの駒。

UXで上手なAppleが何を目指してるのか。iPhone黎明期みたいに軽くシカトする様な事は無いにしても、これに先んじるリソーセス投入、訓練、追いつく戦術は 相当困難だと思います。

現場丸投げのUX開発、実体がゴーストな種々の施策では、対局の駒が全く成り立ってません。瞬殺確定で現場が疲弊しない様に、何を頑張れば良いのか。

UXにはUXで 正面からぶつかる 前線バトル。

UXの大先輩、ゲーム開発には日本内にも多くのアセットが有ります。SonyやNintendoのUXには ワクワクさせられます。ファッションやアート、映像作品の世界にも、世界に誇れる良いものに満ちています。PS4のモッサリUIみたいな方針ミスが起こらなければ 日本はUIで相当強いです。

USJのコンセプトみたいですけど、U・CASE・J。ユニバーサルジャパンのモビリティ開発なら 世界を楽しませるUXがポンポン出せて来るのでしょうか。

アップルも U・?・? 戦略で来るでしょか。Jとどう関わって来るでしょうか。楽しみなことが盛りだくさんになって来ました。

少なくも、自分の持ち場で「歩」を「と金」に、飛車に、クイーンに、ナイトクイーンにレベルアップする努力は して行こうと思います。
Appleがクルマを作れるのか…普通に考えれば「No」でしょうね。

理由は簡単で、新規設備投資と収益を考えれば、巨額な赤字をどう解消するか?という解法がないからです。

Appleは家電製品のものづくりは、最高にすばらしいですが、クルマとなると、話は完全に別です。

可能性があるとすれば、買う人が「家電レベルの1年保証でいいよ、途中で止まったら再起動するし」的な感覚を受け入れるか…もしくは、既にクルマをつくっている企業をパートナーにして一緒に作ることでしょうね。それなら、十分に可能性があります。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
技術開発の段階ではいいと思いますが、本格的に大量製造のサプライチェーンを組んだりという段階に入ると流石にAppleにできるとは思えないので、そこは素直に既存の自動車メーカーと組んでほしいですね。ブランディングや顧客体験の設計は引き続きAppleでやれば売れる製品にはなると思いますので。
自動車のバリューチェーンは、設計/開発、量産試作、量産製造、運送、、、と上流からありますが、Apple が狙うのは量産製造の手前までではないでしょうか。

自動車大手OEMと組まない限り独自で量産のサプライチェーンを確保するのは相当厳しいのでは。

開発や特許ビジネスとして自動車業界に入り込んでいくモデルだと想像します。
確かにここに書かれている特許だけでも車体に通じるものがあるので、Apple Car なのかなとも思いますが、既存の自動車メーカーと組んで車を世の中に出すほうが現実的なのではないかと思いました。募集している職種を見ればわかるんじゃないですかね。
いつ発表になるのかが楽しみですね
Apple Inc. (アップル)は、カリフォルニア州クパチーノに本社を置くアメリカ合衆国の多国籍テクノロジー企業である。デジタル家庭電化製品、ソフトウェア、オンラインサービスの開発・販売を行っている。 ウィキペディア
時価総額
268 兆円

業績