新着Pick
149Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
子供が自主的に休んでいるというよりも「親が休ませている」というのが実情ですから、より根が深いと思います。教育機会の逸失は後々とてつもなく大きな話になると説得するしかないとは思いますが・・・
総務省が6月15日現在で纏めた報告を見る限り、幼稚園から大学生までの年齢で亡くなった方はものの見事にゼロ人です。どんな病気が直接的な死亡原因であっても、PCR検査で陽性ならコロナによる死亡と見做されますから、ぜんそく等の病気を持つ人を含めてゼロ人であったとみていい筈です。「国立国際医療研究センターの調査によると、6月6日から9月4日までの2276の入院症例中、死亡したケースは33例で、70歳未満に限ると1例」ということが今日の日経新聞の記事(Deep Insight,矢野編集員)に書いてあったので、9月初旬までの累計で見てもおそらくゼロ人であるに違いない。
それにも拘わらず、学び盛りの子供たちから教育機会をどれだけ奪ったか。厄介なウイルスではあるけれど、初期に恐怖を煽り過ぎた弊害が今に及んでいるように感じないでもありません。
感染者と死者の年齢別の内訳や基礎疾患の有無といった情報が国民に分かる形で頻繁に報告されないのはなぜなのか。事実が分からなければ漠たる不安が募って当然です。きちんとしたデータを示してコンセンサスを作っていかないと、新型コロナウイルスがもたらす生命の危険以上のリスクが人々の恐怖心によって生み出されないとも限らぬように感じて心配です (・・;
いきたくなきゃオンラインでもいかなくてもいいとは思うが
学校へ行かない子供に対して、どのように教育の機会を提供するか?
個々の担任の努力では対応し切れないことは自明。
対策を国レベルで考える必要がある。
多分こういう子供は増えるんだろうなと思ってました。全員に同じ教育サービスというのは難しくなってくるでしょうね。N高などのオンライン教育のニーズが伸びていると聞いてます。こちらの方を手厚くするのも良いかもしれません。
娘達の学校でも自主的にお休みされているお友達がいます。お子さん自身は学校に行きたいという気持ちがあるのだとしたら、辛いなぁといつも思います。
悪いのは「コロナ恐怖症」を植え付けたマスコミと厚生労働省

子供は感染しづらいし感染したとしても重症化する確率も他の人に感染させる確率も低い

小児の新型コロナウイルス感染症に関する医学的知見
https://www.covid19-jma-medical-expert-meeting.jp/topic/1235

スウェーデンが休校しない理由
https://st.benesse.ne.jp/ikuji/content/?id=71225

日本の年齢別新型コロナ関連死亡者数
https://pbs.twimg.com/media/Ej7ikL5VgAECQpW?format=jpg
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア