新着Pick

アマゾンが電子書籍読み放題 月額9.99ドルで検討 「キンドル」向け

mw.nikkei.com
 米アマゾン・ドット・コムが近く自社の書籍端末「キンドル」向けに、書籍の定額読み放題サービスを始める準備をしていることが分かった。月額9.99ドル(約1千円)とし、60万冊をそろえる方向で調整しているもよう。音楽や動画で一般的になりつつある定額配信モデルが、最大手アマゾンの参入で書籍分野にも広がりそうだ。
518Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Kindleって独自の媒体経由ならコピーの心配もないし、オリジナルの広告も入れられたりするから月10ドル読み放題ってのがやっていけるてことか。日本のアプリだと「ビューン」が近い感じ

余談だが、新サラリーマン金太郎でやっていたような「電子書籍専門の漫画で、主人公が食べてるハンバーガーをタップしたらマクドのクーポンがでてくる」など、電子書籍ならではの広告てのがもっと広まると電子書籍を読むコストがさらに下がってくると思う。今回のAmazonをきっかけに「書籍そのものは無料化して、中の広告•アフィリエイトで収益化するモデル」が広まると面白い
アプリではできないということだろうか。Kindleはあくまで電子書籍の普及ツール、じゃなかったっけ?
どちらにせよ、中身のない書籍はたくさんあっても意味がないし、中身のある書籍は音楽より制作者のコストがかかるため、月額9.99ドルという額で果たして大丈夫なのか不安。
「読み放題サービスには、減速しつつあるキンドルの販売をてこ入れする狙いもある。」
デジタルコンテンツはどんどん無料に近づいていくな
アマゾン定額書籍読み放題サービスへ。死屍累々の未来予想図が見えるのは気のせいでしょうか?
音楽と同じくコンテンツのサブスクリプションモデルは必然。それにしても、実際に聞くとこれはヤバイ!実にヤバイ。日本の出版社が今すぐ同様の契約に応じるとは思えないが、世界の流れはできてしまっている。
これがまた日経の飛ばしでなかったら、Koboはじめほとんどのブックスタンドが壊滅する。毎月一万円定額購入しているbookliveから自分もあっさりのりかえる。マンガも読み放題になるから漫喫もなくなる。子供も勉強のふりして漫画読みまくりなど壮絶な未来が!
CDはアーティストが違っても単価はほとんど変わらない。本はモノによって単価が異なる。そこらへん、どうするんだろう?
個人的には、家に書籍を積みたくないから図書館をかなり使っている。ただ、月10ドルであれば、新刊も読めたり、予約待ちで手元に読む本がなくなるという事態避けられるという効用は、なかなか高い。
コンテンツごと課金って時代は終わりに近づいている。
「そんなに読めて、その値段!?」みたいな金額なんだけど、結局使わないこととか多いから、でも解約したいくらいの値段ではなく、チャリンチャリンと課金され続ける感じになるだろうね。i-tunesも売れなくなってspontifyが伸びてるのもそうだし、Huluとかもそうだし。
これ、研究書とかも入るのだろうか。洋書は高いので嬉しいが、書き手としては複雑。とはいえ、もともと執筆で生活できるほど売れる書き手でもないので悩む必要もなさそうではある…
安い!!
…けど、作家や出版社が割を食うような構造だと書籍業界全体が危ない。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
97.8 兆円

業績