新着Pick
78Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「モデルナはメッセンジャーRNA(mRNA)という技術で知られている。」とありますが、メッセンジャーRNAは誰しもが細胞の中に持ち合わせているものです。DNAに刻まれた遺伝情報を運ぶ、運び屋であり、人が生きていく上で欠かせないものです。

モデルナの技術は、「メッセンジャーRNAを用いたワクチン」を開発しているところにあり、メッセンジャーRNAは人類皆が持つ技術?です。
新型コロナのワクチンが開発されても、世界で平等に安価に分配できるかは別問題。非常時に公共財であるワクチンなどの特許を制限する枠組みはあるものの、開発者(社)の自発的な取り組みに期待が高まっていました。開発競争のフロントランナーであるモデルナの決断はファイザーなどメガファーマへの圧力となるでしょう。(ジョンソン・エンド・ジョンソンなどはコロナワクチンの薬価では利益を求めないとしていますが)。
あはは、mRNAで特許は取れませんねぇ

「モデルナはメッセンジャーRNA(mRNA)という技術で知られている。」
すごい!その先を見越しての動きなのかな。
経済学分野では、ワクチン開発や特効薬開発の大規模治験が進まないのは、各社へのインセンティブ設計も原因とする先行研究があります。(開発コストとリターンのバランス)。なので、むしろリターンをどう獲得できるかの制度設計をしたほうが開発が進むと考えていましたが、むしろその先の世界シェアを見越してという感じでしょうか。資金力や資金を集められる企業だからこそのジャッジなのかもですね!
すばらしい方針ですね、モデルナ。「新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の期間はコロナワクチンに関連する特許権を行使しない方針」