新着Pick
490Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ひと昔前、自らはアプリケーション事業を撤退し、ソフトウェア企業との戦略的パートナーシップに切り替え、自身はミドルウェア戦略に注力しながら複雑化しバラバラの業務プロセスやアプリケーションの統合を行うサービス企業で成長した頃がありました。インフラも同様で、ハードウェアも次々に売却し、クラウド化されるサーバやストレージのみならずリアル世界に残るPOSやプリンタやパソコンもでした。それらを保守運用、アウトソーシングでレイヤーアップという話でした。多くの日本企業が巨象も踊るからフォローした改革ですね。

今回のIBMはそこで培ってきたインフラサービスやアウトソーシングのレガシーサービスビジネスを分社するようですね。インフラがモダンになればなるほど不要になるビジネスですから、これを持ち続けていれば社内でジレンマが起こります。人間系サービスから、デジタル化されたサービスへの転換ですね。

かつて機械にバンドルされ無料(サービス)で提供されたものをサービスビジネス、プロフェッショナルサービスとして確立させたのは素晴らしかったですね。今度は日本語で言うところのサ’ービスをサー’ビスにする必要があるということですね。

HPの分社は種別で分けて低迷しましたが、新旧で分けるIBMが5年経ってどのようになるのか楽しみですね。旧は旧でしっかりビジネスが存在します。
終値では前日比+6%に落ち着きましたが、それでも時価総額は1日で7000億円増加。クラウド事業注力の効果に加え、「コングロマリット・ディスカウント」でグループ内に埋もれている価値が表面化すると市場は見ているのでしょう。

IBMといえば、90年代初頭にオープン化とダウンサイジングの流れに遅れ、経営危機に陥ったことで知られます。変化への対応にはかなりセンシティブで、結果としていろいろ手を出し過ぎの感もありますが、今回の方向性は、市場に支持されているようですね。
これがアメリカ企業の強さ。これだけの老舗がこの10年低迷続き。株主のプレッシャーから自ら変わろうとする。アマゾンが先行し、マイクロソフトが後発からまくろうとするクラウド市場に超ド級の大型戦艦がやってくる感じですね。RedHatの売上も好調のようですし、そこにリソースをフォーカス。
ちょっと遅すぎた感じもしますが。
下記がリリース。NewCoとされている分社化される部分は、現在のGTS(Global Technology Service)セグメントのうち190億ドルほど、連結では1/4くらいだろう。従業員も約9万人ほど、記事と併せて、つまり売上・従業員で約1/4を切り出す。
そしてクラウドといってもハイブリッドクラウド(IBMが最近強調している、パブリック・プライベートクラウドとオンプレの2つ以上を組み合わせたもの)のマーケットは1兆ドルと考え、そこを先に買収したRed Hat含めて取りに行く、とのこと。
NewCoは分離・上場ということだが、株式をどれだけ持ち続けるのかは不明。文面からは当分は一定持ち続けるように思うが、親子上場となればガバナンス観点からはどういう構造になったり議論が出てくるか。
https://newsroom.ibm.com/Accelerating-our-future-and-growth-strategy
スピード感の違うアウトソーシングビジネスを分割することで、今後動きが加速化されるサービス分野をさらに積極的に舵取りしていく。常に変化に対応するIBMの一手に期待したい。
流石アメリカの会社はドラスティックだなぁ…と思う方は多いかも知れませんが、必ずしも良い面ばかりではないと思います。

過去の事業売却の理由として
「なぜならその全てが価値統合の命題に必ずしも寄与しなかったからだ」
と言うコメントがありましたが、当時のCEOのジニーロメッティはEPS(一株当たり利益)を株主にコミットしており、この数字をひたすら維持するために、事業を切り売りし、結果在任期間はずっと弱体化していきました。

Amazonのベゾスが、利益率が低いと言う事は、それ自身が高い産業障壁になるのだ!との信念を曲げずに今がある事とは対照的に見えますね。

個人的にはI出身ですし、ジニーにはお客様に同行してもらったこともあり、Supportiveだと言う印象でしたので、新生IBMには頑張ってもらいたいとは思っていますが。
IBMは過去にもガースナー氏主導で、事業構造の大変革を行い、危機を乗り越えてきた会社。
この規模で何回も変化に柔軟に対応できるのは強い!
株主の短期志向で、変革が遅れていたと思いますが、
ここへきて、構造変革が進みますね。
もう、メタモルフォーゼは4回めくらいでしょうか。
この動きは、何度も事業を再編して危機を乗り越えてきたIBMならではの柔軟性が感じられます。後発にはなりますがどのように巻き返すのか注目だと思います。ちなみに、従業員のリストラはあるんだろうか。。。
IBMが好調なクラウド事業に注力する取り組みとして分社化を発表。
ーー
データセンターの技術サポートなどアウトソーシングサービスを提供するITインフラサービス部門を2021年末までに別会社として分離し、上場させる計画だという。
IBM(アイビーエム、正式名: International Business Machines Corporation)は、アメリカ合衆国のコンピュータ関連企業である。本社はニューヨーク州アーモンク、世界170か国以上で事業を展開する典型的な多国籍企業でありテクノロジー企業。愛称はビッグブルー。 ウィキペディア
時価総額
14.4 兆円

業績