新着Pick
524Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
プログラマーはまだまだ需要があり、転職もしやすいのは、当面間違い無いでしょうね。一方で、リモートワークが当たり前の時代に、リモートの距離も関係なくなっています。それが進めば、日本人である必要性もなくなりつつある訳で、開発の人件費が安い国に流れるのではないかと。製造業の工場がどんどん賃金の安い国に流れていったのと同じことが起きるように思います。しかも設備投資もほとんど必要ありませんから。
この記事の内容とはそれます。

プログラミングほど人月計算が成り立たないものはないと思います。すなわち、人を多くして時間をかければ終わるという「作業」ものではない。

たまたまですが、あるベンチャーさんに事情があって転職しなくてはならない元教え子を紹介したことがあります。「うちの社員が2週間かけても解決しないことが2時間で解決できちゃいました!紹介してくれてありがとうございます!!」と喜ばれたんです。もしかしたらその逆もありえるかもしれません。

なので、プログラミングを目指すなら上記の様に喜んでもらえるよう、しっかりとした基礎知識・技術を身につけるべきだし、発注する企業さんは人月で計算できないことを知ってほしいです。
エンジニアってプログラマーの事だったんですね。

知りませんでした。
プログラミング、PC(タブレット)とネット環境があればいくらでも自習演習できるのも魅力と思ってます。

化学は実験するのにも何かと許認可がいるので経験値を稼ぎにくい。
とりあえずやってみるかが許されないこともあるので。
プログラミングは簡単だから、別に教育を受けなくても習得できますが、速く、正確に、美しく、となると 話は違って来ます。

記事に書かれてたカリキュラムで、1時間毎に成果物を見せ合う、これは効果抜群だと思います。

ググってばかりだと進まない、バグってたら恥ずかしい、このモチベーションで 開発のベロシティを上げまくって 一気にノウハウを身につける、ちゃんと先生からフィードバック貰える、このチャンスは ホリエモンもいわれる様に、ホント羨ましいです。

身体と脳に負荷をかける特訓は、習慣として定着します。負荷をあまり感じなくなる程レベルアップするのは、報いが大きいです。早く取り組むメリットは計り知れません。
プログラミングスクールがこれだけ乱立するのはそれなりに理由があるのだと思います。本当に人材不足なのかな?
エンジニアがダメならどんな仕事がいいのかと聞かれれば、あまり思いつかないので、勉強しておくに越したことはないですね。