新着Pick
227Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この凄さを本当に理解できる方は、すばらしいです。

個人的には、企業価値総額の話より、こちらの方がTeslaの強さの本質を示していると思います。

最近、RAV4 PHVやHonda eが「バッテリーが供給できない」ため台数が限定されてしまう…という課題に直面しています。

つまり「50万台分のバッテリーを供給できるすごさ」は半端ではありません。

これは、Teslaが「Tesla MotorsからTeslaに社名変更したときに、クルマメーカーからバッテリー&エネルギー企業に転換した」ことで実現できています。

EVを50万台生産するということは、巨大なバッテリーを50万台分供給できるということで、これは、本当にすごいことです。

最初から、それを見込んで内製化したElon Muskの眼力は、本当にすごい。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
中国では30万台生産し、かなりの台数を中国で売っている。
価格的に、テスラのほうが国産車より安く、人気がある。
また中国からの輸出も可能だ。

比べてみると、日本の電気自動車のコンセプトも品質も素晴らしく、
ただ中国市場に一向興味はなく、販売もしない時期がなかがった。
とくに三菱自動車のアイミーブはそうだった。
日本の電気自動車は市場を開拓できなかった要因、テスラと比べながら分析していく必要。
コロナによる操業停止もあるが、いまだに納車待ちに長い行列ができるテスラ。マーケティングと営業が強く、生産が弱い。ある種羨ましい悩みでもあります。最近は生産台数も上がってきてマーケティングと生産のバランスが整ってきた感じがしますね
3Qの納車台数が四半期としては過去最高の13万9300台。50万台までには4Qで18万2000台近い納車が必要になってくるとのこと。イーロン・マスクはこれを可能にするチャンスがあると従業員宛のメールで伝えたようです。生産台数からある程度見通しが立ってきているのだろうか。
電気自動車を50万台生産するのは本当にすごいこと!自動車向けのバッテリーを大量生産することが難しいことは明らかだけど、それをやり遂げるのがテスラの強さ。トヨタにもVWにもできないことだろう。
米中の煽りか、中国の販売減っているそうですが果たして
台数多くなる分、不具合も多くなるでは話になりません。
https://newspicks.com/news/5281432
https://newspicks.com/news/3248609
これらは、自動車製造において"お粗末過ぎる"不具合。Samsung Galaxyのように、爆弾を世界中に撒かれるようなもの。
チャラいイノベーターは、大金出したテスラ車で屋根が吹っ飛ぼうと、死のうと、自己責任&本望でしょうが、巻き込み事故にあう人間は同意のもとではない。

誰も居ないゴーストタウンや、山中でならば、200kmでドリフトしようが、火災になろうが良いのですけどね。

原発稼働・建設反対(万が一の流出に、自身が巻き込まれたくないから)する連中なのに、なぜ他者への巻き込みは想定出来ないのか。
時価総額
69.7 兆円

業績