新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
何度も言うが、見た目とブレーキを大きくできる事以外デメリットしかない。

外径や幅が同じなら、扁平率の数字の低いタイヤより、数字の高いタイヤの方がエアボリュームが多いので本来耐荷重は高い。
つまり、性能が高い。

F1や飛行機のタイヤ見りゃわかる。

更に、ホイール径を大きくするという事は、重くなる。
本来空気だった部分がホイールと言う構造物になるのだから当然。
ブレーキサイズ拡大も同じ。

バネ下重量が重要とか言いながら、大径ホイールの低扁平率タイヤが高性能とか言う矛盾を、おかしいと思う人がいない。それが異常。

〈追記〉
元々扁平度を上げる(扁平率を下げる)のは踏面をなるべく平らにして設置面積を大きくする為。それでコーナリングパワーを上げるのが目的だった。

だけど、超扁平タイヤはもはや踏面は真っ平。
なもんで踏面とサイドウォールは別物の様な構造になってる。
かつ、エアボリュームで荷重受け切れないから、サイドウォールは硬くするしか無い。

つまりどんどんゴムのカタマリみたいになってる。本来タイヤの持つダンピングが効かない。

コレで乗り心地を確保しなきゃだから、サスのブッシュを柔らかくして吸収しないとになる。

ブッシュを柔らかくすると、タイヤの位置決めが不正確になるし、タイヤホイールが重くなるのでよりフラフラになる。

いいことなんてまぁ無いですよ。

でも、カッコは良い。
もうね。ホイールにガリを作る最大の原因がこのタイヤの低扁平率ですよ(><)

ホイールのツライチとタイヤが薄くなったことで見た目はカッコよくなったかもしれませんけどそのせいですぐにホイールにガリを作っちゃう。低速でもキャッツアイを踏もうものならもうね・・。

扁平率が低いとCPには有利となる部分もなしとはしまませんが一般道ではそんなスポーツ走行なんてしませんからね。