新着Pick
49Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今月は「民主主義のいま」をテーマにした特集を配信していますが、いま民主主義を考えるに欠かせないのが香港です。発言もネット検索も常に何かを警戒しながらでないとできなくなり、14歳の子どもにも閉塞感を感じさせる空気。「民主的」をめぐって民主派と親中派でまったく違うナラティブがあり(このあたりアメリカのいまの光景にも重なります)、「みんなで熟議して着地点を見いだす」という教科書的な民主主義の営みはもう香港では成り立たないのか、という思いも感じます。「いや、まだ間に合う」と思いたいですが……。
興味深く拝読しました。
香港のそう遠くない未来を思いアクションを起こした若者たちと明日の民主や自由より今日の暮らしの人々。
この記者はおそらく中国が大好きなんだね。はっきり言ったほうがいいよ。日本には言論の自由がある。